【RISE】”ツヨカワ”MISAKI、参戦決定に「撃ち合い必至になる」RISE1位・小林愛理奈と対戦へ=2.23

【RISE】”ツヨカワ”MISAKI、参戦決定に「撃ち合い必至になる」RISE1位・小林愛理奈と対戦へ=2.23

  • イーファイト
  • 更新日:2023/01/25
No image

SB王者MISAKI(左)を1位の小林(右)が迎え撃つ

2月23日(祝・木)に東京・後楽園ホールではRISE20周年記念大会が昼夜で開催される。『RISE166』(夜の部)では、初代SB日本女子アトム級王者・MISAKI(TEAM FOREST)が参戦。RISEアトム級1位の小林愛理奈(FASCINATE FIGHT TEAM)と、-46.5kg契約戦(3分3R延長1R)で対決する。

【フォト】MISAKIが計量でバキバキ腹筋!小林が”ムキムキ”マッスルポーズ

No image

パンチを繰り出すMISAKI

MISAKIはシュートボクシングの女子軽量級のトップ選手。21年12月に念願のSB日本王者となり、昨年10月にはタイ強豪のペッチャーダーにKO勝ち。6連勝をマークした。
しかし12月にはRISEアトム級王者・宮﨑小雪との王者対決に敗れている。

迎え撃つ小林は女子離れしたパワーを持つハードパンチャー。昨年5月には宮﨑小雪の持つRISE QUEENアトム級タイトルに挑戦するも判定負けした。
しかし11月には一階級上のミニフライ級で小雪の姉・若菜からパンチでダウンを奪い判定勝利。12月には女子初のオープンフィンガーグローブマッチに参戦し、平岡琴からダウンを奪って判定勝利している。

No image

小林が剛腕でダウンを奪う

MISAKIはSNSで「SHOOTBOXING王者として2連敗は許されない…。あんな悲しい思いしたくないしさせたくない!もう絶対負けたくない!し絶対負けない!」と前戦のRISE女王・宮﨑小雪からの敗北を超えるとする。
また、本日この対戦カード発表を受けて「撃ち合い必至のカードだと思います!」と投稿している。

対する小林は「しっかり倒す、そろそろKO見せる」と投稿。師匠の原口健飛も「マジ強いよ」と現在の小林の実力に太鼓判を押す。

No image

小林愛理奈vsMISAKI

MISAKIがSB女王の実力を見せつけるのか、小林がトップランカーの意地を見せ返り討ちにするのか。

また『RISE165』(昼の部)では、フライ級1位の数島大陸(及川道場)が、ムエタイファイターのPRANDAM BRAVELY(BRAVELY GYM)と対決する。

No image

数島大陸vsPRANDAM

数島は軽量級でも倒す選手として注目され、21年7月にはラジャダムナン王者の竜哉・エイワスポーツジムと対戦しドロー。昨年10月には[フライ級王座決定トーナメント]決勝で田丸辰に敗れ戴冠を逃している。
対するPRDNDAMはルンピニースタジアム、ラジャダムナンスタジアムで活躍した経験を持つ26歳。
数島はムエタイ戦士を下して再起なるか。

<RISE165 決定カード>

▼スーパーフライ級(-53kg) 3分3R延長1R
数島大陸(及川道場/フライ級1位)
vs
PRANDAM BRAVELY(BRAVELY GYM)

<RISE166 決定カード>

▼-46.5kg契約 3分3R延長1R
小林愛理奈(FASCINATE FIGHT TEAM/アトム級1位、ミニフライ級2位)
vs
MISAKI(TEAM FOREST/初代SB日本女子アトム級王者、第7代J-GIRLSミニフライ級王者)

▼ミドル級(-70kg) 3分3R延長1R
リカルド・ブラボ(アルゼンチン/WSRフェアテックス/同級3位、初代M-1世界スーパーウェルター級王者)
vs
サーシャ・タダヨニ(イラン/TEAM OTA)

▼ライト級(-63kg) 3分3R延長1R
麻原将平(パウンドフォーパウンド/同級7位、HOOST CUP初代スーパーライト級王者)
vs
瑠夏(L-REX/2017年RISING ROOKIES CUPスーパーフェザー級優勝)

▶次のページ:【フォト】MISAKIが計量でバキバキ腹筋!小林が”ムキムキ”マッスルポーズ

【フォト】MISAKIが計量でバキバキ腹筋!小林が”ムキムキ”マッスルポーズ(画像はクリックで拡大します)

No image
No image
No image
No image
No image
No image

◀元の記事へ戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加