「事情を知らない社員たちを巻き込んだ」ウソの工事で"約2000万円"詐欺...ビル管理会社の元社長 69歳男を逮捕

「事情を知らない社員たちを巻き込んだ」ウソの工事で"約2000万円"詐欺...ビル管理会社の元社長 69歳男を逮捕

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

事件を捜査する北海道警中央署

架空の工事を装うなどして、約2000万円をだまし取ったとして、ビル管理会社の元社長の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、土地建物の管理会社の元代表取締役で、現在は札幌市厚別区に住むアルバイト従業員の69歳の男です。

男は2018年3月と4月、当時社長を務めていた会社が管理するビルの改修工事等を行ったように装うなどして、約2000万円をだまし取った詐欺の疑いがもたれています。

警察によりますと男は、ビルの改修工事費用を立て替えたと、ビルの所有会社にウソの報告をし、集めた賃料から架空の費用を差し引くなどして、不法に利益を得ていたということです。

調べに対し、男は容疑を認めていて「私が考えて事情を知らない社員たちを巻き込んで行った詐欺の件です。間違いありません」などと供述しているということです。

警察によりますと、男は同様の手口で犯行を重ね、これまでに8000万円あまりをだまし取ったとみられています。

警察は男が会社の資金繰りが悪化し、犯行に及んだとみて、さらに詳しく調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加