気象庁1か月予報 暑さ厳しく熱中症警戒 7月は梅雨空戻るも一時的

気象庁1か月予報 暑さ厳しく熱中症警戒 7月は梅雨空戻るも一時的

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

2022/06/23 14:52 ウェザーニュース

今日23日(木)、気象庁は6月25日から7月24日までの1か月予報を発表しました。

7月に入る頃までは夏の太平洋高気圧が強く、全国的に厳しい暑さが予想されます。その後は一旦、高気圧が勢力を弱めて梅雨空が戻る見込みです。暖かく湿った空気の影響で、西日本を中心に雨の強まるおそれがあり、油断ができません。

梅雨期間の雨量少なく水不足の懸念も

No image

この先1か月の降水量予想

6月末から7月に入る頃にかけては太平洋高気圧の勢力が強く、梅雨前線の活動は弱まります。西日本や東日本は広範囲で雨の降る日はほとんどない見込みです。その後は一旦、高気圧が勢力を弱め、日本列島に湿った空気が流入。梅雨前線が活発になって雨の強まるおそれがあります。広い範囲で梅雨明けとなるのは7月の中旬以降とみられます。

1か月の降水量は梅雨前線や湿った空気の影響を受けやすい北日本で平年並みか平年より多い予想です。西日本、東日本は梅雨の中休みが長い上、7月中旬には梅雨明けを迎えることから、平年並みか平年より少ない予想となっています。ただ、短期間にまとまった雨が降る可能性は残っていますので、油断はできません。

梅雨期間の雨量が少なくなると、夏場の水不足の懸念が出てきますので、今後の動向に注目です。

梅雨期間も暑い 熱中症への備えはしっかりと

No image

この先1か月の気温予想

太平洋高気圧の勢力が強いため、気温は全国的に高い傾向です。1か月の平均気温は九州から北海道にかけては平年よりも高い予想、沖縄や奄美は平年並みの予想となっています。特に6月末は梅雨の晴れ間の所が多く、厳しい暑さとなる見込みです。

四国から北海道は29日(水)頃からの5日間の平均気温が平年よりもかなり高い可能性があるとして、高温に関する早期天候情報を発表しました。早い猛暑の到来で熱中症のリスクが高くなりますので、活動する際の対策に加えて、日々の体調管理も欠かせません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加