「ジュラシック・ワールド」最新作、5分30秒を超えるプロローグ映像&ポスターお披露目

「ジュラシック・ワールド」最新作、5分30秒を超えるプロローグ映像&ポスターお披露目

  • 映画.com
  • 更新日:2021/11/25
No image

ハリウッドの最新技術を駆使してよみがえった恐竜たちが躍動する (C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

大ヒットシリーズの最新作「ジュラシック・ワールド ドミニオン(原題)」の、5分30秒を超えるプロローグ映像とポスターがお披露目。映像には、ハリウッドの最新技術を駆使してよみがえった恐竜たちが躍動する白亜紀の光景、そして現代の人間社会に出現する衝撃のシーンが、リアリティ満載で切り取られている。

巨匠スティーブン・スピルバーグが恐竜に命をふきこみ、リアルでスリリングな映像体験で世界中の人々を魅了した「ジュラシック」シリーズ。最新作「ジュラシック・ワールド ドミニオン(原題)」の物語はベールに包まれているが、コリン・トレボロウ監督がメガホンをとり、クリス・プラットブライス・ダラス・ハワードらおなじみのキャストが再集結する。

プロローグ映像は、6500万年前、人類が誕生する遥か以前の白亜紀時代、恐竜が大地を闊歩するさまを壮大なスケールで映す。恐竜のDNAが蚊によって保存されたという、第1作「ジュラシック・パーク」(1993)で描かれた、本シリーズの起源ともいえる瞬間もとらえられている。時は移り、映像は現代の地球へ。前作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(2018)で恐竜たちはイスラ・ヌブラル島からアメリカ・北カリフォルニアへと移送され、世界中に放たれたが、その後のエピソードだと思われる映像が続く。ドライブインシアターに現れたティラノサウルスが人々をパニックに陥れ、ヘリコプターから狙撃手がその姿を狙うさまが切り取られている。

ポスターでは、ドライブインシアターのスクリーンに映るティラノサウルスの影と、恐竜そのものを見上げる男の子の姿が確認できる。本作には、新恐竜も登場するということで、続報に期待が高まる。

なおオープニング映像の公開を記念し、本日11月25日から12月27日まで、Twitterでの「期待投稿キャンペーン」の実施が決定。公式Twitterアカウント(https://twitter.com/jurassicworldjp)をフォローしたうえで、新作のストーリー予想、本シリーズへの熱い想いを「#ジュラ全力待機」のハッシュタグをつけて投稿すると、抽選で豪華賞品が当たる。詳細は、キャンペーンのウェブサイト(https://www.jurassicworld.jp/jwd-twcp/)で確認できる。

ジュラシック・ワールド ドミニオン(原題)」は、全米で2022年6月10日、日本では同年夏に公開される予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加