2日の日本ハム-西武中止 新たに日本ハムの選手、コーチら計7人新型コロナ陽性

2日の日本ハム-西武中止 新たに日本ハムの選手、コーチら計7人新型コロナ陽性

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/02

日本ハムは1日、ロニー・ロドリゲス内野手(29)、高浜祐仁内野手(24)、D6位・今川優馬外野手(24)=JFE東日本、郡拓也捕手(23)の4選手と、飯山裕志内野守備コーチ(41)、チームスタッフ2人が新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたと発表した。

球団は4月30日に中島、西川、清水の感染が判明したことを受け、同日、選手ら全員にPCR検査を実施。新たに4選手が陽性と判定され、感染者は計10人(選手は計7人)となった。2日に札幌ドームで予定していた西武戦を中止することも発表した。1日の西武戦は、26人の出場選手枠に満たない22人で試合を行っていた。

■昨年のソフトバンクVTR

2020年8月1日に、ソフトバンクは2軍で調整中だった長谷川がPCR検査で陽性判定を受けたことを発表。球団はファーム施設を利用する選手、スタッフらを経由しての感染拡大が否定できないため、2日の西武戦(ペイペイドーム)の中止を発表した。同日に選手、首脳陣、スタッフらのPCR検査を実施。1軍チームスタッフ1人が陽性を受けたが、1軍選手と同スタッフとの接触状況を勘案し、4日の楽天戦(楽天生命パーク)は開催された。

No image

今季開幕後に陽性判定を受けた選手

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加