花博30周年記念イベント「PARKJAM」が鶴見緑地で開催

花博30周年記念イベント「PARKJAM」が鶴見緑地で開催

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/11/21

平成2年に開催された国際花と緑の博覧会(花博)の30周年を記念するイベント「PARKJAM」(大阪市主催)が21日、同市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地で開かれた。市民から募集したアイデアも取り入れた音楽プログラムやグルメイベントなどが行われ、3連休の初日ということもあり多くの人が訪れた。

大芝生特設ステージでは、松井一郎市長が「密にならないように楽しんでいただきたい」とあいさつ。高校ダンス部などがダンスを繰り広げたほか、ダンス&ボーカルグループ「TRF」のDJ KOOさんがゲスト出演し会場を盛り上げた。また、園内各所には恐竜の模型が出現し、子供たちが楽しんでいた。

公園のあり方を考える記念フォーラムも開催され、気象予報士で防災士の正木明さんは、鶴見緑地が広域避難場所でもあることを説明し「公園は命を守ってくれる側面もある」と指摘。花博で屋内展示などのプロデューサーを務めた廣常啓一さんは、健康的な活動をできる公園を作って医療費の削減を目指す、ヘルシーパークという考え方を紹介した。

イベントは22日も開催される。

No image

花博30周年のイベント「PARKJAM」で登場した恐竜の模型に、子供たちも驚いた表情を見せた=21日、大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加