自民・岸田前政調会長、台湾有事の存立危機事態「安保法守るのは当然」 米艦防護など念頭

自民・岸田前政調会長、台湾有事の存立危機事態「安保法守るのは当然」 米艦防護など念頭

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/04/07

自民党の岸田文雄前政調会長は6日のBSフジ番組で、中国と台湾の対立が激化して有事となった際、密接な関係にある他国が攻撃を受けて日本の存立が脅かされる「存立危機事態」となった場合は「(安全保障関連法を)守って対応することは当然だ」と述べた。米艦防護などを念頭に置いた発言とみられる。
 岸田氏は「法律を駆使しながら国民の安心安全を守っていくのがわれわれのスタンスだ」とも強調した。
 次期総裁選を見据え

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加