内村航平、第2章はキング超えだ!「体操極めるという次元よりもっと上のところまで」

内村航平、第2章はキング超えだ!「体操極めるという次元よりもっと上のところまで」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/01/14
No image

第2章はキング超え!! 体操ニッポンのエースとして2012年ロンドン、16年リオデジャネイロの両五輪で男子個人総合2連覇などを成し遂げた内村航平(33)=ジョイカル、長崎県諫早市出身=が14日、東京都内で引退会見を開いた。度重なるけがの影響で「世界一の練習が積めない」として競技者から退くことを表明。一方で技の研究などは続ける考えで「体操を世界で一番知っている状態にしたい」と「キング」の異名を取った現役時代を超える存在に上り詰める意欲を示した。

「キング」の異名にふさわしく、内村は堂々としていた。「ああ、引退するんだな、と。実感は今のところない」。競技人生の区切りを迎えても感情の揺らぎはなかった。3月12日に引退試合を行うことを明かし、「体操の素晴らしさを感じてもらえる舞台にしたい。演技としては最後になるけど、人生で考えるとスタート」と意気込んだ。

引退を決めたのは昨年10月の世界選手権前。出生地・北九州市での晴れ舞台へ準備を進める中で両肩の痛みなどに悩まされた。「世界一の練習が積めない。競技者として続けるなら次の五輪を目指すが、あと3年は無理。一度身を引くと発表した方がいい」と決めた。

ただ、3歳で始めた体操が自身の全て。「軽い言葉じゃ(体操への)感謝を伝えられない。体操に対して世界で一番僕が知っている状態にするためずっと勉強し続ける。競技者ではなく、演技者としてやっていくのもいい」と第二の人生も体操と向き合う覚悟だ。

個人総合で五輪連覇を含め09年から16年まで8年連続世界一を果たし、国内外40連勝。約30年の競技人生で前人未到の偉業を遂げた内村は「選手生活の半分、日の丸を背負ってやってこられた」と胸を張った。一方で「競技人生に満足できているかというと、そうではない。もっとやれただろうとすごく思う」と後悔。「結果以外に残したものはなんだろう」と自問もした。

500以上の技を習得したが、その原点に挙げたのが、小学校に入る前後に両親が開いた諫早市の体操クラブで練習した鉄棒の「蹴上がり」だった。「技を覚えるのが遅かったので、覚えた時の感動は忘れられない。一つの技に対して追い求められるからこそ、質や成功率も高い。下の世代にも追い求めてほしい」と期待した。

今後は本格的な実戦の舞台に立つことはないが、自分との闘いは続く。「体操を極めるという次元よりもっと上のところまでいきたい」。キングを超えた先の世界を見据えて次のステージを歩む。(末継智章)

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加