巨人育成9位・川崎が仮契約 伝家の宝刀スライダーは父直伝 「お世話になった方に恩返し」

巨人育成9位・川崎が仮契約 伝家の宝刀スライダーは父直伝 「お世話になった方に恩返し」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/11/26

親父秘伝のスライダーで支配下を目指す。巨人から育成9位で指名を受けた誉・川崎陽仁投手(18)が25日、名古屋市内のホテルで支度金290万円、年俸360万円(金額はいずれも推定)で仮契約。「お世話になった方に恩返しができるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

No image

巨人と仮契約を結んだ育成9位指名の誉・川崎。左は木佐貫スカウト(球団提供)

伝家の宝刀は縦に割れるスライダー。中学時の所属チーム・東海スラッガーズヤングでコーチを務める父・敬太さんに教えられたボールをベースに、自分で研究を重ねた。理想は「三振をいっぱいとれるようなスライダー」。プロの世界でも磨きをかける。

リモート会見には父・敬太さんも登場し「負けたらリベンジしたくて、登板を志願する。小学生のときからそんなような子」と負けず嫌いな一面を明かした。陽仁は「中学生の時はあまり話を聞いていなかった」と笑ったが「高校に入って、お父さんの言っていたことが正しかったんだなと思った」。高校1年から投げ始め、自分の武器となった。

最速147キロの右の本格派。今夏の愛知大会では広島4位指名の愛工大名電・田村からその直伝の縦に割れるスライダーで2打席連続三振を奪った。榑松スカウト部次長は「伸びしろしかない。じっくりトレーニングをして将来的には1軍で先発できる投手になってほしい」と期待する。

目標に菅野を掲げる川崎は「どんなピンチでも乗り越えられる、スター性があって慕われる選手。そうなれるように頑張りたい」。川崎家のスライダーを世に知らしめる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加