大滝裕子、新型コロナ感染 志村けんさんの元恋人 22日の公演は延期に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/21

歌手の大滝裕子(58)が新型コロナウイルスに感染したと、21日、所属するボーカルグループ「AMAZONZ」が公式サイトで発表した。

公式サイトでは「7月18日(日)夜に発熱、19日(月)にPCR検査を受けた結果、20日(火)に大滝裕子の新型コロナウイルス感染が確認されました」と報告した。現状については「発熱当初に比べて症状は落ちついておりますが、今後につきましては、保健所にご指導いただき、療養及び経過観察いたします」と説明。「また、濃厚接触者の特定により、該当者が確認された場合には、個別に状況をお伝えし、保健所の指示を仰いでいただきますよう、漏れなくご連絡してまいります」とした。

これに伴い、22日に予定していた「AMAZONS 35th Anniversary Live~A History Shared With Friend~」Bunkamuraオーチャードホール(東京・渋谷)公演の延期が決定。同公演は当初は4月28日を予定していたが、緊急事態宣言により延期となり、振替でこの日に行われることになっていたため、「この度は、皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、度重なる延期となりまして重ねてお詫び申し上げます」と謝罪した。

大滝は昨年3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなったコメディアンの志村けんさん(享年70)が亡くなる直前に出演したテレビ朝日系の「あいつ今何してる?」で結婚を考えたという元恋人の存在を明かした際に、元カノとしてVTR出演し話題に。志村さんが亡くなった後には「AMAZONS」のツイッターを通じて追悼していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加