横浜「三溪園」12年ぶりに紅葉ライトアップ、重要文化財×紅葉を楽しむ“絶景遊歩道”特別開放も

横浜「三溪園」12年ぶりに紅葉ライトアップ、重要文化財×紅葉を楽しむ“絶景遊歩道”特別開放も

  • ファッションプレス
  • 更新日:2021/11/25

横浜市が誇る名勝庭園「三溪園」は、夜間の紅葉ライトアップを2021年11月26日(金)から開催する。

No image

「三溪園」夜間の紅葉ライトアップが12年ぶりに

重要文化財を含む17棟の古建築が並ぶ日本庭園「三溪園」は、例年人気の紅葉スポット。今回は12年ぶりに、夜間の紅葉ライトアップが行われる。会期中は、約60灯のライトを用いて、「三溪園」外苑と内苑に連なる紅葉や、敷地内の古建築を照らし出す。夜に浮かぶ色鮮やかな紅葉の様子を楽しめるチャンスだ。

絶景遊歩道の特別開放&ゆっくり観賞できる特別チケットなど

また、通常は立ち入り禁止となっている「三溪園」内苑の「聴秋閣」奥の遊歩道を、11月27日(土)から12月19日(日)まで特別に開放。渓谷沿いの道から三重塔にかけて、古建築と紅葉が織りなす絶景を楽しめるスポットとなっている。

さらに、紅葉の期間中は、通常の開園時間よりも1時間早い8:00から入園できる特別チケットを1日あたり50名限定で販売。ゆっくりと紅葉の鑑賞や撮影を楽しみたい人におすすめだ。

秋限定メニューも

また、「三溪園」内の3つの茶店では秋限定メニューを用意。「秋のいろどり団子」や「栗入り汁粉」など、季節感あふれるメニューを味わうことができる。

【詳細】
三溪園 秋イベント
場所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
TEL:045-621-0635
入園料:大人 700円、小・中学生 200円、横浜市内在住の65歳以上 200円(濱ともカード の提示が必要)
開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)

■紅葉ライトアップ
開催期間:2021年11月26日(金)~28日(日)、12月3日(金)~5日(日)、12月10日(金)~12日(日)
時間:16:30~20:00(最終入園19:30)
※17:00からは観覧範囲を一部制限。
※ライトアップは日没30分前(16:30頃)~20:00まで実施。
■紅葉の遊歩道開放
開催期間:11月27日(土)~12月19日(日)
■特別チケット〈事前予約制〉
※開園1時間前から入園できる特別チケット
対象期間:11月28日(日)、12月3日(金)~5日(日)、10日(金)~12日(日)
時間:8:00~入園可能
料金:3,000円(各日50名限定)
■秋限定メニュー
提供期間:~12月19日(日)
・待春軒「きのこたっぷりうどん・そば」900円
・三溪園茶寮「秋のいろどり団子」300円
・雁ヶ音茶屋「栗入り汁粉」700円

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加