楽天ゴールドカード「ポイント4倍」特典が終了へ SPU還元率変更にユーザー落胆

楽天ゴールドカード「ポイント4倍」特典が終了へ SPU還元率変更にユーザー落胆

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/01/14

楽天カードは2021年1月14日、楽天ゴールドカードのスーパーポイントアッププログラム(SPU)の条件を4月1日から変更すると発表した。

No image

発表によれば、これまで楽天ゴールドカードを利用して楽天市場で買い物した場合、還元される楽天ポイントは「+4倍」だったが、4月1日からはこれが「+2倍」になるという。

「この変更は正直痛すぎる」

この変更に伴って、楽天市場での買い物に関しては、「楽天ゴールドカード」と通常の「楽天カード」のポイント還元率は同じ「+2倍」になる。

なお、「楽天プレミアムカード」に関してはこれまで通り通常の4倍のポイントを獲得できるという。

ポイントプログラムのサービス改定にあわせて、楽天ゴールドカードでは「お誕生月サービス」の提供を開始。誕生月に楽天市場と楽天ブックスを利用することで2000ポイントを上限としてポイント「+1倍」を付与する。

また、1月14日までに楽天ゴールドカードに入会した会員については、年会費の返金や請求の停止を受け付ける。受付期間は3月31日まで。

こうした発表にネット上では、

「一般カードと同等の還元率になりますが、この変更は正直痛すぎる」「ゴールドカードの大きなメリットなくなりますね」

など残念がる人が多い様子。

そのほか、「楽天市場のSPU条件がどんどん厳しくなっていく様に不景気を実感」「楽天も不景気なのね」など、景気の悪さに言及するツイートも目立った。

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加