コメダ珈琲店のモーニングで選べる “ローブパン”ってどんなもの?

コメダ珈琲店のモーニングで選べる “ローブパン”ってどんなもの?

  • シティリビングWeb
  • 更新日:2022/06/23

喫茶店のモーニング文化をリードしているといっても過言ではない「コメダ珈琲店」。好きなドリンクを注文すれば、もれなくトーストが付くサービスに、デニッシュ生地を入れ込んだ“ローブパン”が選べるようになりました。その味わいを紹介します。

トースト一択からパンを選ぶ楽しみが増えた!

今さらながらの説明となりますが、「コメダ珈琲店」のモーニングは、ドリンクを注文するとトーストと、「定番ゆで玉子」または「手作りたまごペースト」または「コメダ特製おぐらあん」、トーストに塗る「バターまたはマーガリン」または「イチゴジャム」などが選べます。

トーストは山食パンで、カリッとした焼き上がりと厚切りのふんわりモチッとした食感が人気です。

No image

出典:シティリビングWeb

いろいろ選べるのが楽しい“朝コメ”

今まではトーストは“山食”一択だったのですが、ここに「ローブパン」が仲間入り。「ローブパン」は、「シロノワール」でおなじみの「デニッシュパン」の生地が入った丸いパンです。今回は「ミルクコーヒー」をオーダーし、「ローブパン」「手作りたまごペースト」「バター」を選びました。

No image

出典:シティリビングWeb

今回は「ミルクコーヒー」(560円)をチョイス

バターの風味が鼻をくすぐる、ふんわり食感が魅力

さっそく運ばれてきた「ローブパン」はまんまるで、表面を軽く焼いてあります。中心をカットしてあり、そこにバターがとろり。

No image

出典:シティリビングWeb

山食パンではあまり気付かなかったのですが、バターはたっぷり塗られています

「手作りたまごペースト」をその中に入れて、たまごサンドを作っていただきます!

No image

出典:シティリビングWeb

ローブパンは、バターの風味と香ばしい香りが印象的。パクリと食べれば、ふんわりとした食感。パン自体が甘いので、そのままでも十分食べ進められます。

たまごペーストとの相性も良く、あっという間に完食。組み合わせは何通りもあるので、おぐらあんやバターと合わせても楽しそう!

ローブパンは、モーニングサービスとしての1日の提供上限に達し次第終了とのこと。あれば、ぜひ選んでみてほしいパンです。コメダ珈琲店は、ゆったりとくつろげる雰囲気も魅力。ちょっぴり早起きをして、“朝コメ”体験してみてはいかがでしょう?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加