ドーピング過失なし裁定に「ワリエワは満足している」 発表後初めての反応を母国報道

ドーピング過失なし裁定に「ワリエワは満足している」 発表後初めての反応を母国報道

  • THE ANSWER
  • 更新日:2023/01/25
No image

北京五輪でのカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

RUSADAの「過失なし」認定に初めて反応

昨年2月の北京五輪でドーピング問題が発覚したフィギュアスケートのカミラ・ワリエワ(ロシア)。調査を行ったロシア反ドーピング機関(RUSADA)が「選手自身の過失はない」と認定したことを、13日に世界反ドーピング機関(WADA)が公表したが、母国メディアは「ワリエワはRUSADAの決定に満足していると述べた」と伝えている。

15歳で北京五輪に出場したワリエワ。2021年12月のロシア選手権で採取された検体から禁止薬物が検出され、北京五輪の成績は暫定扱いとなった。RUSADAは検体を採取したロシア選手権のみ失格に。資格停止などの処分は科さないことを決定した。今回の発表では、WADAはRUSADAに裁定書の提出を求めている。

この裁定に、米国反ドーピング機関のトラビス・タイガートCEOが反発したことが米メディアに伝えられていたが、当のワリエワ本人は満足しているようだ。ロシアメディア「sportrbc.ru」は「ワリエワは自身のドーピング問題に関してのRUSADAの決定に満足していると述べた」との見出しで記事を掲載。RUSADAの裁定に初めてワリエワが反応したことを伝えている。

記事では「RUSADAの委員会は陽性反応を示したドーピング検査の検体で、ワリエワからロシア女王の肩書のみを剥奪した」と裁定について伝え、さらにワリエワが「RUSADAの決定が自分を満足させたと述べた」と記している。

ドーピング行為について、記事ではRUSADAが「ワリエワが反ドーピングルールに違反したことを明らかにした」としながらも「彼女の行為に過失または怠慢を見つけず、トリメタジジンで陽性反応を示したドーピング検査の検体を渡した」と、ワリエワ本人に過失がなかったとしている。

(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加