「第2回定額給付金」に注意!不審メール相次ぐ

「第2回定額給付金」に注意!不審メール相次ぐ

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/18
No image

動画を見る(元記事へ)

2度目の緊急事態宣言で「定額給付金」への関心が高まるなか、不審なメールが相次いでいます。

人によっては、だまされてしまうケースがあるかもしれません。

「日本サイバー犯罪対策センター」がホームページに上げたもの。そこには…。

実は、緊急事態宣言が決定した7日から総務省をかたった特別定額給付金の給付に関する偽のメールが出回っているというのです。

国民1人あたりに10万円が支給された特別定額給付金。菅総理大臣は2回目の給付金について…。

菅総理大臣:「(Q.前回の緊急事態宣言の際は国民一律10万円の給付金が支給されたが今回、このような給付金を検討する考えはあるか)これまでの経験に基づいて、効果的な対応策に的を絞って行っていきたい。様々なメニューを用意しておりますので、これを活用して必要な支援は行っていきたい」

記者の質問には答えませんでしたが、国民にとっては関心の高いことです。それが今回、悪用される形となったのです。

さらに、警戒すべき詐欺は他にもあります。キーワードは「プレゼント」です。巧妙化するその手口とは…。

コロナ禍で在宅する人が増え、ネットを使うことが多くなっています。

そんななか、最近、国民生活センターにはこんな問い合わせが…。

不正サイトに誘導する「偽のプレゼントキャンペーン」のメールが届き、だまされてしまう事例が後を絶たないといいます。

「プレゼントが当たった」とメールを送り、クレジット情報などを入力させ盗み取るという手法です。

国民生活センターはメールが来てもアクセスしないよう注意を呼び掛けています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加