「宮内庁は甘かった」小室圭さんへの調査不足が招いた大騒動、今後「プリンセスの結婚相手」の条件はどう変わる?

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2020/10/17

秋篠宮さまが、継承順位1位の皇嗣になられたことを国内外に示す「立皇嗣の礼」が11月8日に行われることが発表された。以前から、「立皇嗣の礼」後に、眞子さまと小室圭さんの結婚問題に何らかの進展があると言われていただけに、各週刊誌では「いよいよ結婚か」という記事が多数掲載されるようになった。

婚約内定会見を行った直後に、小室さんの母・佳代さんの“金銭トラブル”が発覚し、婚約延期に至ったという前代未聞の結婚騒動。国民の間からは「小室さんはプリンセスにふさわしい相手ではない」とする意見が噴出したが、そもそも宮内庁は、婚約内定前に小室さんやその家族について、然るべき調査は行っていなかったのだろうか? また今回の結婚騒動を受け、今後「プリンセスの結婚相手」の条件が厳しくなるといったことは考えられるのか? 皇室ウォッチャーX氏に見解を聞いた。

――眞子さまの結婚騒動は、事前に宮内庁が小室家のトラブル等をしっかり調査していれば、これほど大問題にならなかったように思います。

皇室ウォッチャーX氏(以下、X) もちろん、宮内庁サイドは女性皇族のご結婚相手がどんな人物なのかを調査しています。本人や家族、親戚に犯罪歴がないか、また本人が住む自宅周辺での評判など、ある程度の人物像を調べ上げるそうです。ただ、女性皇族は男性皇族と違って、結婚されると皇室を出て民間人となります。そういった理由から、男性皇族の結婚相手よりも、女性皇族の結婚相手への調査は“甘い”と言われています。

――小室家に対する宮内庁の調査は、詰めが甘かったと感じますか?

X はい、甘かったと言わざるを得ないでしょう。正直、宮内庁としても、皇室に入る方ではなく、離れる方の結婚相手だったため、詰めが甘くなってしまったのだと思います。しかし、秋篠宮さまや眞子さまが、宮内庁サイドの「問題なし」という調査結果を信用され、婚約内定を発表したにもかかわらず、後になって母親の金銭トラブルが発覚したことを考えると“甘かった”では済まされない、由々しき問題だと思います。一方で、小室さん本人ならともかく、その母親が以前に交際していた相手との間に金銭トラブルがあることを知る術はほとんどありません。小室さんサイドが、自分に都合の悪いことを宮内庁に話すわけがないですからね。宮内庁も、今回の件は予想外だったことでしょう。

――今後「プリンセスの結婚相手」の条件が厳しくなるといったことはあるのでしょうか?

X 皇族の結婚相手には、特に決まった条件はないので、その点に関してはこれまでと変わらないでしょう。ただ、女性皇族の結婚相手への調査は厳しくなると思います。小室さんの件によって、皇族の結婚相手に問題があった場合、国民からどれほどの批判が出るか、またそれが皇室全体にどのような悪影響を及ぼすか、宮内庁は身に染みていることでしょう。

今後は、女性皇族の結婚相手にも、男性皇族の結婚相手と同等の調査を行うと思います。女性皇族が皇室を離れる際に支払われる一時金は「元皇族としての品位保持」を理由に支払われていることはよく知られていますが、やはり皇籍を離脱したからといって、皇室の威厳を貶めるような相手と結婚するのは好ましくない――そういった考えが、宮内庁の中で強まっていると推察できます。

――皇族の結婚相手に条件はないと言いますが、それは建前ではないのでしょうか?

X 学歴や職歴に何らかの条件があるといったことはないのですが、とはいえ、女性皇族の結婚相手が反社会勢力の一員だったり、ニートだったり、周囲からの評判が悪いなどの場合、世間が許さないでしょう。それは、皇室が国民の税金で成り立っていることも理由です。小室さんの件に関しては、表面上の学歴や職歴などは問題がなく、学業も優秀でしたし、母親の金銭トラブルが発覚しなければ、今頃は幸せに暮らしていたと思います。つまりは、一般的にふさわしくないと思われる仕事をしておらず、プリンセスが認めた相手であれば、特に問題はないと思います。

――天皇皇后両陛下は姪である眞子さまの結婚騒動をどのように見ていらっしゃると思いますか?

X 天皇ご一家と秋篠宮家は赤坂御用地の中にお住まいがあり、普段から交流されているそうです。しかも、眞子さまが婚約内定した後には、雅子さまに「結婚生活」についてのお話を聞きに行かれていたのです。実母である紀子さまには聞きづらくても、人生の先輩として信頼している雅子さまになら聞けることがあったのでしょうね。両陛下は大切な姪っ子として可愛がられていたでしょうし、小室さん問題でひどく心を痛められた眞子さまのことを、とても心配されていると思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加