ソフトバンク王会長、孫正義オーナーの「指揮を執れ」指令からWBC初代王者に V奪還の鍵は韓国戦?

ソフトバンク王会長、孫正義オーナーの「指揮を執れ」指令からWBC初代王者に V奪還の鍵は韓国戦?

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2023/01/25
No image

ソフトバンクの王貞治球団会長が25日、3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)についてオンラインで取材に対応した。

2006年の第1回大会で日本代表の監督を務め、初代王者に導いた王会長は当時を振り返り、「とにかく急に決まったので。私も現役の(ソフトバンクの)監督だったので、(代表の)監督と言われてもなかなか引き受けにくかったけど、孫オーナーから『指揮を執れ』と言われましてね。それで監督をするということに。どういう仕組みでやっていくのかも分かりませんでしたし、そういうことだから、とにかく日本的な野球をやろうやと。われわれにできる野球をやろうということで選手たちには話をしましたけどね」と話した。

第1回大会では韓国と3度も死闘を繰り広げた。王会長は「日本で1回やって逆転ホームランを打たれて負けちゃって、向こうに行ってももう1回負けちゃって。韓国が本当に喜んで憎たらしかったんですけど。3度目の正直で福留君のホームランで返せたんですけどね。韓国は強いですよ。勝負に対する執念を持っている。今度も韓国は戦いがどうなるか。決勝リーグ行き時にどうなるかもある。韓国との戦いはきちんとした戦いをしてほしい」と韓国戦をポイントに挙げた。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加