堀内恒夫氏、井納は悪い時を「どう経験でカバーしてくれるか」

堀内恒夫氏、井納は悪い時を「どう経験でカバーしてくれるか」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/23

フリーエージェント(FA)権を行使してDeNAから加入した巨人・井納翔一投手(34)が22日、那覇キャンプでの紅白戦に先発し、移籍後初実戦で1回無失点と好投した。調整が順調に進めば開幕ローテーション入りは確実で、3月28日の古巣との開幕3戦目・DeNA戦(東京ドーム)での登板が有力視される。

元巨人監督の堀内恒夫氏(73)は23日、自身のブログで「彼はもう仕上がっているピッチャーだからハッキリと言うよ」と前置きした上で、「彼に期待するのは経験によるバッターに対しての感覚 そこだろうね」と指摘した。

続けて「彼が打たれるのは観ていてわかる。ボールがね全部シュート回転している。まっすぐがないのよ。そうしたボールの『質』で言ってしまえば畠や戸郷の方が上となる」と厳しい見方をする一方で、「良い時には勝てるけど悪い時には負ける。経験のあるピッチャーに期待するのはその悪い時を、どう経験でカバーしてくれるか、だな」とアドバイスした。

No image

堀内恒夫氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加