EXOのD.O.、アイドルでも俳優でもない“ド・ギョンス”として語られた本音

EXOのD.O.、アイドルでも俳優でもない“ド・ギョンス”として語られた本音

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2022/05/14

K-POP人気ボーイズグループEXOのD.O.(ド・ギョンス)のインタビュー映像が公開された。

【写真】D.O、カリスマ性あふれる眼差しを披露

5月12日から配信された『潜伏-ド・ギョンス編』。配信前日、D.O.は本音で話したインタビュー映像を公開した。

除隊後も休まず、ひたすら走ってきた彼はさわやかな春を迎え『潜伏』を選んだ。

「セソム(島の名前)は、私がついに潜伏したんだなと思うようになった初めての場所だった。誰もいない空間で思索にひたった」と話したD.O.は『潜伏』中、一番良かった瞬間について、セソムに到着した瞬間を挙げた。

No image

(画像提供=ディスカバリーチャンネル・コリアとSKYチャンネル)

出演してきた作品の中で一番お気に入りの役は、映画『スイングキッズ』のロ・ギス。「北朝鮮の方言と、やったことのないジャンルのダンスに挑戦するのが面白かった」とし、「キャラクターをあらかじめ決めてはいない。やってみたければ、挑戦するという感じだ」と情熱を表わし、努力を惜しまず挑戦し続ける彼の次の歩みに注目が集まる。

さらに、D.Oの食べ物への愛も語られた。生まれ変わったらどんな職業に就きたいかという質問にも躊躇なく「シェフ」と答え、『潜伏』中に発見した南海(ナムヘ)の“グルメな店”を自信満々に紹介する姿も。

また、番組を通してド・ギョンスという人物をたくさん表現していたようだ。俳優や歌手ではない「一人の人間」ド・ギョンスとしてのストーリーが予告され、視聴者の熱い関心を集めた。

続けて「ぜひ勇気を出して、一度潜伏してみてほしい。機会がない方々はこのプログラムを通じて、素敵な絵と美しい風景を見ながら少しでも穏やかな気持ちになってほしい」と勇気を与えている。

『潜伏-ド・ギョンス編』は毎週木曜日22時30分から、ディスカバリーチャンネル・コリアとSKYチャンネルで同時配信中。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加