広島痛すぎる1敗 大瀬良が...中崎が...特大弾浴びるなど7失点 3位巨人と1・5差に

広島痛すぎる1敗 大瀬良が...中崎が...特大弾浴びるなど7失点 3位巨人と1・5差に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 広島3―7阪神(2022年9月23日 マツダ)

No image

<広・神>初回1死二塁、原口に2点本塁打を浴びる大瀬良(撮影・平嶋 理子)

広島は先発の大瀬良が今季最短の2回4失点で降板した。初回先頭の中野に左前打を許すと、1死後、近本に右中間へ先制の適時二塁打を献上。続く大山には中越えの適時二塁打、原口には左翼席上段への2ランを浴び一挙4失点。2回は無失点で切り抜けたものの、直後の打席で代打を送られた。

2番手・遠藤は高寺にプロ初安打となる右前適時打を許しながら3回1失点と踏ん張ったが、3番手の中崎が佐藤輝に特大の20号を浴びるなど1死も取れず降板した。

打線は初回に西川が右前適時打、4回には5番・松山に2号2ランが飛び出し、一時2点差に迫ったが及ばず。勝った3位巨人との差は1・5に広がった。

▼佐々岡監督 (3番手の中崎に)当然、期待して出している。点を取られてはいけないという中での継投で、6回は任せると。ザキが打たれると思って出していない、期待してたので。それが結果的に打たれたのは、出した僕が責任がある。最後まで諦めずに3試合、いつも言ってるように、勝つしかないので戦っていくしかないと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加