諏訪魔 レジェンドたちの前で気持ち高ぶる 天龍来場で「何て言われるか」

諏訪魔 レジェンドたちの前で気持ち高ぶる 天龍来場で「何て言われるか」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

諏訪魔(左)の腕をきめるジェイク・リー(撮影・中島郁夫)

<日本プロレス史70周年記念大会「LEGACY」>◇15日◇後楽園ホール◇観衆583人

全日本プロレスから参戦した諏訪魔(44)が、レジェンドたちの前で納得の戦いを見せた。

6人の殿堂入りが発表され、さまざまな団体の選手やファンが集まった、普段とは違う大会。「自分のプロレスがどれだけ支配できるか。レスラーとして気持ちが高ぶった」と興奮気味に話した。

3冠ヘビー級王者のジェイク・リーとタッグマッチで対戦した諏訪魔。21日後楽園大会でベルト挑戦が決まっており、前哨戦となった試合で、序盤から仕掛けた。コーナートップからフライングショルダーで飛び込むと、ラリアット、フロントスープレックスでたたみかけた。

中盤には「ジェイク、見ておけよ」と、リーのパートナーである大森に豪快にバックドロップを見舞った。リーから「あなただけのものじゃない」と挑発されていた得意技をしっかり決め「どっちのバックドロップがキレているか、21日にケリをつける」と声を荒らげた。

敗れはしたが、本番に向け「ジェイクに対して、いい揺さぶりになった」と自信をのぞかせた。この日は14日に殿堂入りを果たした天龍も来場。15年天龍の引退試合に出場したこともある諏訪魔は「天龍さんに思い入れが強い。(今日の試合を見て)何て言われるか。ドキドキしながら話してみたい」と語った。

大先輩が見守る前で、自らのパフォーマンスに手応えを感じた諏訪魔が、21日、返上していた最高峰のベルトを奪還する。【松熊洋介】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加