台風15号、16号相次いで発生...朝鮮半島への影響はなさそう=韓国

台風15号、16号相次いで発生...朝鮮半島への影響はなさそう=韓国

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/09/23
No image

台風15号、16号相次いで発生…朝鮮半島への影響はなさそう=韓国(画像提供:wowkorea)

台風15号と台風16号が23日、相次いで発生した。

韓国の気象庁によると、台風15号は23日午前9時時点において、大阪の南側約450キロ付近の海上で1時間当たり16キロずつ北側に移動しているという。中心気圧は1000ヘクトパスカルで、最大風速は秒速18メートル(時速65キロ)だ。強風半径は約180キロメートルである。

台風15号は23日午後9時ごろ、大阪の南海岸まで接近した後、日本の南海岸に沿って移動し、24日の午前9時ごろ、東京の南西約80キロメートル付近の海上に到着する見通しだ。その後、しばらく内陸に入り、25日の午前9時ごろ、仙台南東約270キロメートル付近の海上で温帯低気圧に変わり、消滅する見通しである。

23日午後には台風16号も発生した。台風16号はフィリピン・マニラの北側陸上を通過した後、ベトナムとラオス、タイなど、インドシナ半島を通過し、消滅するという。

気象庁によると、台風16号は23日午後3時時点でフィリピン・マニラ東北東約1150キロメートル付近の海上で時速21キロの速度で西側に移動中だ。 中心気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は秒速18メートル(時速65キロ)だ。強風半径は約200キロメートルである。

なお、韓国は台風15号、16号から遠く離れており、影響を受けることはないものと見られる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加