GS初4強「トップと戦いたい」

GS初4強「トップと戦いたい」

  • tennis365
  • 更新日:2021/06/10
No image

四大大会初の4強入りを果たしたクレチコバ : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク33位のB・クレチコバ(チェコ)が第24シードのC・ガウフ(アメリカ)を7-6 (8-6), 6-3のストレートで下し、四大大会初のベスト4進出を果たした。

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

>>チチパスvsズべレフ 1ポイント速報<<

ダブルフォルトを8回犯すなどミスが目立ったクレチコバだが、4回のブレークに成功。1時間50分の試合を制した。

会見で25歳のクレチコバは「私はダブルスのスペシャリストになりたいと思ったことはなかった。みんなが私にレッテルを貼った。でも、22歳のときに初めて(ダブルスの)グランドスラムを2つ制覇した。そして、私は22歳のときに、ダブルスのスペシャリストにはなりたくないと思った。私はシングルスでプレーしたい。努力して、自分のゲームを向上させていきたい。シングルスで実際にトッププレーヤーと対戦してみたい」と語った。

「母は私に、とても誇りに思っていると言ってくれた。彼女は私に『ただ楽しんで、それを続けなさい』と言った。勝っても負けてもいいから、コートに立つたびにベストを尽くせばいい。テニスに集中して、ただプレーするだけ。楽しんで、ここにいられること、自分の好きなことができることに感謝して」

準決勝では第17シードのM・サッカリ(ギリシャ)と対戦する。サッカリは準々決勝で第8シードのI・シフィオンテク(ポーランド)をストレートで下しての勝ち上がり。

残りの準決勝では第31シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)と世界ランク85位のT・ジダンセク(スロベニア)が対戦する。

[PR]全仏オープンテニス5/30(日)~6/13(日)WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加