阪神ドラ7高寺、4試合連続安打 2軍戦で西武ドラ2佐々木から左翼線二塁打

阪神ドラ7高寺、4試合連続安打 2軍戦で西武ドラ2佐々木から左翼線二塁打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/25
No image

8回表阪神、無死二、三塁、高寺望夢はバットを折られながらも二塁失策で出塁する=春野(撮影・佐々木彰尚)

「2軍練習試合、西武-阪神」(23日、春野総合運動公園野球場)

阪神のドラフト7位・高寺望夢内野手(上田西)が、4試合連続安打となる二塁打を放った。

2点リードの六回。先頭で西武のドラフト2位左腕・佐々木(NTT東日本)の149キロ直球を、追い込まれながらも完璧に捉え左翼線へ。“プロ初長打”となった。

四回から遊撃の守備につき、五回には岡田の二遊間の打球に飛びつき好捕。すぐさま立ち上がり素早い送球でアウトにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加