【365日豆皿つまみ】“ぶどうのピクルス”|8月 アベクミコのエスニックつまみ。

【365日豆皿つまみ】“ぶどうのピクルス”|8月 アベクミコのエスニックつまみ。

  • カーサ ブルータス
  • 更新日:2022/08/06

August 6, 2022 | Food, Design | 365 MAMEZARA TSUMAMI | food & styling_Kumiko Abe photo_Kiyoko Eto text_Housekeeper

お気に入りの豆皿に新しい味をひとつ盛って、食卓を少し賑やかに。8月はタイ料理のプライベートダイニング〈DDD〉を運営している料理人・アベクミコさんのレシピをご紹介。ナムプラーやスパイス、果物などをうまく使った、夏にぴったりなエスニックつまみです。豆皿のストーリーとともにお楽しみください。【8月6日】

●ぶどうのピクルス

No image

夏らしい酸味を求めて、ぶどうをピクルスにしてみました。皮ごと食べられるぶどうならなんでもOKですが、マスカットなどグリーンのぶどうは酢で変色してしまうのでそれ以外がいいかもしれません。ぶどうなのでワインにもよく合います。きりっとした酸味の醸造酢でつくってみてください。

レシピ(作りやすい分量)ぶどう 半房(茎から外す)コリアンダーシード 小さじ1A醸造酢 200ccはちみつ 大さじ3塩 ひとつまみ残っているワイン(できれば赤) 100cc

1. Aを小鍋に入れて煮立てる。粗熱を取った後コリアンダーシードを入れ、きれいに洗ったぶどうをいれる。
2. 冷蔵庫に一晩置いて味がなじんだら完成。

本日の豆皿:田子美紀さんの豆皿

No image

ガラス作家・田子さんの豆皿で、柄違いで3枚持っています。薬味やトッピングをちょこっと盛って3つ並べて出しても表情が出てかわいいです。

No image

今月の料理人:アベクミコ料理人。アパレルブランドに勤務する傍ら、いろいろな国を旅するうちにタイ料理に惹かれ、現地の屋台やレストランなど国内外でタイ料理を学ぶ。2018年、東京・東中野で予約制のプライベートダイニング〈DDD〉をスタート。ケータリングや出張料理などのほか、メニュー開発や料理イベントなども行なっている。近著に『エスニック料理。屋台飯もスパイスカレーも』(成美堂出版)がある。Instagram:@peaceful1024

casabrutus.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加