Windows 11ミニTips 第121回 22H2のエクスプローラーに登場したタブ操作をチェック

Windows 11ミニTips 第121回 22H2のエクスプローラーに登場したタブ操作をチェック

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/09/24
No image

Windows 11 バージョン22H2(以下、22H2)のエクスプローラーは、ようやくタブ機能を標準でサポートした。

タブ開きすぎ問題を解決、Canary版Edgeで「タブの検索」を使ってみる

Windows XP時代には、多くのオンラインソフトがタブ機能を取り込み、2006年10月登場のInternet Explorer 7も標準搭載。エクスプローラーのタブ対応も期待されたものの、結局は22H2までかかることになった。今回は基本的なタブの操作方法を紹介したい。

○タブの開き方

フォルダーを選択した状態でもツールバーに任意のアクションは現れず、基本的にはコンテキストメニューから操作する。少々使用した感覚では、旧コンテキストメニューを有効にした方が使いやすい。

○タブの移動

エクスプローラーがアクティブな状態であれば、「Ctrl」+「Tab」キーおよび「Ctrl」+「Shift」+「Tab」キーが有用だ。アクティブなアプリを切り替えるように、アクティブなタブが切り替わる(「Shift」キーは逆順)。

また、タブを開いている状態なら「Shift」+「Enter」キーでアクティブなタブも切り替わる。ただし、未オープンの場合はカレントタブが該当タブに切り替わる仕組みだ。
○タブの閉じ方

現在アクティブなタブは「Ctrl」+「W」キーで閉じ、他の不要なタブは「他のタブを閉じる」「右側のタブを閉じる」を選択すればよい。

なお、エクスプローラーのタブはドラッグ&ドロップで順序の入れ替えが可能だ。タブ(フォルダー)を入れ替え、作業内容に応じた効率改善につながる(と思う)。エクスプローラーのタブ機能は、より精査を重ねてからご報告したい。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。 この著者の記事一覧はこちら

阿久津良和

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加