阪神井上 安打は浜中、打点は掛布以来の高卒新人

阪神井上 安打は浜中、打点は掛布以来の高卒新人

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

8回を終えベンチに戻った井上(右)はプロ初安打を放った記念球を受け取り笑顔を見せる(撮影・上山淳一)

<阪神5-0ヤクルト>◇16日◇甲子園

阪神ドラフト2位井上広大内野手が甲子園1軍デビューの打席でプロ初安打、初打点をマークした。

▼阪神の高卒新人・井上が8回にプロ初安打となる適時二塁打。阪神の高卒新人野手で、安打を放ったのは97年浜中以来。打点を挙げたのは、74年の掛布以来46年ぶり。掛布は同年、16打点を記録している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加