左腕不足の西武が日本ハム吉川を獲得 金銭トレードを発表、MVP12年は西武戦で2完封

左腕不足の西武が日本ハム吉川を獲得 金銭トレードを発表、MVP12年は西武戦で2完封

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

西武は20日、日本ハムの吉川光夫投手(32)を金銭トレードで獲得したと発表した。

福岡市出身の吉川は広島・広陵高から高校生ドラフト1位で2007年に日本ハム入団。優勝した12年は14勝5敗、防御率1・71と先発ローテーションの軸として活躍し最優秀防御率のタイトルを獲得、リーグMVPに輝いた。17年にトレードで巨人へ移籍し、19年途中に再びトレードで日本ハム復帰。今季は5試合の登板にとどまったが、2軍では19試合で防御率2・10と安定した成績を残していた。

リーグ3連覇を逃した西武は左の中継ぎが不足しており、チームの左腕で今年最多の38試合に投げた小川はシーズン終了後に左肘の手術を受けた。来季の王座奪還へ、先発、救援で実績のある左腕に白羽の矢を立てた格好だ。

吉川は通算214登板のうち西武戦は楽天に次いで多い33試合。MVPの12年は西武戦で2完封を記録した。渡辺久信ゼネラルマネジャーは「ライオンズに必要な左の戦力として吉川投手を獲得することになりました。重要な場面で活躍してくれることを期待しています」とコメントした。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加