【岩本輝雄】ドイツには、勝つべくして勝った。戦力で劣るかもしれないけど、“戦略”では森保ジャパンが上回った

【岩本輝雄】ドイツには、勝つべくして勝った。戦力で劣るかもしれないけど、“戦略”では森保ジャパンが上回った

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/11/25
No image

初戦のドイツ戦は逆転勝ち。森保監督の采配が最大の勝因だね。(C)Getty Images

[カタール・ワールドカップ・グループステージ第1戦]日本 2-1 ドイツ/11月23日/ハリファ・インターナショナル・スタジアム

カタールは暑いね! 4年に一度の祭典、ワールドカップは現地観戦です。いつものように自腹で、観客席で日本戦以外もチェック。世界のサッカーを堪能しています。

ドイツ戦は2-1で劇的な逆転勝ち。歴史的勝利。もちろん感動したけど、どこか冷静な部分もあった。ドイツはたしかに強豪国だけど、怪我で主力が欠けていたり、守備に穴ができたりと、つけ入る隙は必ずあると思っていた。だから「やっぱり勝ったか」という思いもある。

それでも、前半は苦しかったね。立ち上がりは、前から守備をハメに行こうとしていたけど、10分ぐらいしたら、そうしたアクションは少なくなった。

あえて引いたというより、たぶん“行けなかった”んじゃないかな。ドイツは可変しながらビルドアップしてきて、そこにキーパーのノイアーが加わる。ノイアーの足もともかなり上手くて、日本はプレスを剥がされていた。これではさすがにキツい。

1トップの前田に連動して、プレスに行こうとした伊東に対し、後ろの選手が「行くな!」みたいなジェスチャーもあった。日本はまずしっかりとリトリートして守ろうとしていた。

とにかく、ミュラーが曲者だったね。田中の背後にスッともぐりこんだり、捕まえるのが難しかった。うろうろしながら、スペースをついてくる。プレーには絡んでいないけど、無視できない。絶妙な位置取りで、日本の守備側の動きをけん制してくる。

劣勢だった前半はPKで1失点。それ以外にもピンチはあったけど、オフサイドや相手のシュートミスで追加点を奪われずにすんだ。
そして、3バックに変更した後半、日本は2点を取って逆転。スコアラーの堂安、浅野の活躍は素晴らしかった一方で、守備が安定したのが大きかったね。

前線は1トップ&2シャドーにして、ドイツのダブルボランチを監視。両ウイングバックも対面の選手をしっかりとケアするなど、全体的にボールの取りどころがより明確になった。

後ろを3枚にしたから、日本のダブルボランチも迷いなく前に行ける。“デュエル王”遠藤のボール奪取力もいかんなく発揮されていたね。

ドイツからすれば、同点とされたら前に出ていくしかない。彼らは勝点1ではよしとしないだろうから。そうなれば、背後にスペースが生まれやすくなる。案の定、浅野の逆転ゴールは、ロングパス一本で裏をつく形から生まれた。

終わってみれば、計算通りの勝利だったとさえ思う。もちろん、前半は少なからず課題は残っただろうけど、ただそうしたシチュエーションも森保監督は想定していたはずだし、だからこそ、早い段階で手を打って、選手たちもそれに応えてみせた。

単純な戦力では、ドイツのほうが上かもしれない。でも“戦略”では間違いなく日本が勝っていた。勝つべくして勝った試合。森保監督の采配が最大の勝因だね。

【著者プロフィール】
岩本輝雄(いわもと・てるお)/1972年5月2日、50歳。神奈川県横浜市出身。現役時代はフジタ/平塚、京都、川崎、V川崎、仙台、名古屋でプレー。仙台時代に決めた“40メートルFK弾”は今も語り草に。元日本代表10番。引退後は解説や指導者として活躍。「フットボールトラベラー」の肩書で、欧州CLから地元の高校サッカーまで、ジャンル・カテゴリーを問わずフットボールを観戦&研究する日々を過ごす。カタールW杯は自腹で現地取材。

【W杯PHOTO】30度を超える炎天下の中…コスタリカ戦に向け元気にトレーニングを行う日本代表!

【W杯PHOTO】堂安だ! 浅野だ! 日本代表が大金星を挙げた大国ドイツとの歴史的一戦を厳選フォトでお届け!

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加