最新ランキングをチェックしよう
【文豪の湯宿】正岡子規が疲れを癒した...室町時代からの隠し湯

【文豪の湯宿】正岡子規が疲れを癒した...室町時代からの隠し湯

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/03/12

子規が「はて知らずの記」で書いたとおりの風景が今も残る岩松旅館名物の七曲りの階段(現在は88段)

 文豪たちの作品に登場する温泉宿を訪ねる連載「文豪の湯宿」。今回は「正岡子規」の「鷹泉閣 岩松旅館」(宮城県・作並温泉)だ。【写真】傍らを広瀬川が流れる、岩松旅館自慢の天然岩風呂はこちら*  *  * 明治26年8月5日、長旅の途上にあった25歳の正岡子規は作並温泉にたどり着いた。俳句で身を立てる決

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
カップ麺の液体スープなぜ「後入れ」? 先に入れて実験したら...「なるほど!」
女子がドン引きする「男のダサ私服」ワースト10。2位はキャラT、1位は...?
浜崎あゆみ、水着で美ボディ披露「美しい」「絵になる」と反響
関学QB父「嘆願書」フォーマットを公開 日大選手の減刑求める
Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加