最新ランキングをチェックしよう
【文豪の湯宿】正岡子規が疲れを癒した...室町時代からの隠し湯

【文豪の湯宿】正岡子規が疲れを癒した...室町時代からの隠し湯

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/03/12

子規が「はて知らずの記」で書いたとおりの風景が今も残る岩松旅館名物の七曲りの階段(現在は88段)

 文豪たちの作品に登場する温泉宿を訪ねる連載「文豪の湯宿」。今回は「正岡子規」の「鷹泉閣 岩松旅館」(宮城県・作並温泉)だ。【写真】傍らを広瀬川が流れる、岩松旅館自慢の天然岩風呂はこちら*  *  * 明治26年8月5日、長旅の途上にあった25歳の正岡子規は作並温泉にたどり着いた。俳句で身を立てる決

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
東山紀之、『サンデー LIVE!!』ついにどうでもいい立ち位置に......テレ朝の期待は“ジャニーズ不祥事”だけ!?
人気コスプレイヤー・霜月めあ 「今までで一番キワどい水着」に初挑戦
津川雅彦さん 急逝直前に長女結婚!反対し続けるも許した理由
【書評】なぜ、ドイツのメディアは日本をこんなにも嫌うのか

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加