海外へドローンを持ち込み、撮影することはできるのか?

海外へドローンを持ち込み、撮影することはできるのか?

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/13

テレビドキュメンタリー制作者など、限られた人が大金をかけて撮影していたエアリアル・ビュー(aerial view)。それがとうとう、誰もが容易にできる時代になった。ドローンのおかげだ。でも依然として思うようには甘くない。ドローン飛行の制限区域があって撮影が許可されているところは、地味な場所がほとんどだ。自然と海外での撮影を夢見るようになる。そこで、北大西洋、デンマーク領フェロー諸島でドローン撮影に挑んでみた。

■海外への持ち出し・持ち込み。セキュリティはどうなる?

海外へドローンを持ち出す時、やはり空港のセキュリティ検査が懸念される。結論からいえば、ドローンとバッテリーの持ち込みには全く問題がなかった。フランクフルト、コペンハーゲンなど、どの空港でも、ドローンやバッテリーについて問われることはなかった。ただし、ドローンのバッテリーは大容量で高出力。機内に持ちこんで乗らなければならない。(容量制限は下記参照)。一般的なレジャー用ドローンであれば、ほとんど問題はないと思う。

No image

ドローン・飛行準備-セット

No image

基本的にGPS信号とWi-Fiを利用して作動するドローン。海外でドーロンを飛ばす時は、方向と高度セットをやり直したほうが良い。ある地点ではGPS受信がうまくできない場合もある。特に、高地で飛行を試みる時に、セッティングは3回目でやっとできた。しかし、離陸するやいなや、制御がうまくいかず急いで着陸させなければならなかった。信号の受信が不安な地点では無理をしない方がいい。

No image

ドローン飛行の天国

No image

塩気の多い海風が吹くフェロー諸島には、木がまともに育たないので山にも木がない。雰囲気満点の風景で、視野が開けてドローンを飛ばすのにこれより良いところはないと思った。衝突の危険もほとんどなく、もし墜落をしても探しやすく回収しやすいという心理的な安定感があった。

今までドローンを飛ばす時、素敵な景色を厳選していたが、フェロー諸島はどこで飛ばしてもドラマチックな映像を得ることができる。

ところが、いくつかのハードルもあった。まず、1日に4つの季節があるといわれるくらい気まぐれな天気だ。ドローンは突風などでなければ、比較的安定して飛ぶので問題にはならない。雨も特に問題にならない。ただし、小雨が長い時間にわたって繰り返される場合が多く、カメラのレンズにつく水滴が問題だった。雨粒が動画を台無しにするからだ。

また、別の問題は鳥だ。ドローンを飛ばしたいような素敵な場所は、海岸の絶壁地帯が多い。そして、多くの海岸絶壁は鳥の群落地である。「ブンブン」と音を立てながら飛び回るドローンを鳥たちは、侵入者と思っているようだ。一匹の海鳥がドローンに近づいて急に避けたりもした。以前タカがドローンを攻撃したと聞いたが、猛禽類ではなく一般の鳥がドローンを攻撃することはないと思う。しかし、予防対策として鳥の近くは飛行しない方が良い。

No image

ドローンの撮影方法

No image

ドローンをうまく飛ばすコツは意外にも簡単である。まずは自動撮影機能をうまく活用することだ。オビトゥ(Orbit)、ドローニ(Dronie)、ケーブルカム(Cable cam)のような機能が代表的で、誰でも簡単にできる。特に、自動撮影機能の長所は飛行の軌跡やカメラの角度の動きなどが手動より自然なことだ。

手動飛行時に気をつけなければならないのはドローンの飛行や、カメラの角度調整時の急激な動きを最大限避けること。ドローンの動画は撮ったままでは使わず、後で編集して完成されることが多いため、ある程尺の長い動画撮影が必要である。動画があまりにも短かいと活用できない。

No image
No image

実は撮影方法をすべて理解していたが、いざ現場で試そうとしたらそんなに簡単ではなかった。やはり「実戦感覚'の不足」だ。ドローンが離れたり回収ができないと不安なので何回も高度を上げたり、方向を変えたりした。ドローンは100mくらい離れたら見えにくくなるので経験値を貯めるしかないのだ。

手に入れたばかりのドローンを初めて海外で飛ばすこと全てが、慎重さを要する作業だった。果敢に攻められなかったのが残念なばかりである。

No image

[Information]

機種: ゴプロ・カルマ GoPro Karma (Drone) + Hero5 (camera)
バッテリ: 5万1000mAh (75wh) x 3 pcs
http://gopro.com

飛行制限区域チック用アプリ (Worldwide)
UAV Forecasthttps://www.uavforecast.com/#/
Hoverhttp://www.hoverapp.io

機内持ち込みバッテリーに対するコツ
航空社ごとに基準が差異があるが、普段下記のようである。
100wh 以下バッテリーは5個
100wh~160wh 2個
160wh 以上が不可
(バッテリーは預けられなく機内持ち込みだけ可能)

取材・文/劉昊相(YOU HOSANG)

韓国出身。見知らぬ場所や文化を楽しむ、生まれついての旅行家。イギリス在住時に様々なプロジェクトを経験、Panasonicなど多国的企業での海外業務経験を持ち、英語、日本語、韓国語に通じる。旅行 コミュニティー「Club Terranova」を運営。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモの格安スマホ『新MONO』、約36倍の値上げでも「安い」といえる理由
国立天文台が作った「宇宙の広さを体感できる映像」がスゴい!!
ドコモ冬スマホ最強はコレ? 「AQUOS sense」は3万円で料金割引もある高性能ミドル機
あおり運転の記録を残せる、1台のカメラで360度撮影できるドラレコ
お昼に温かいご飯を食べられるお弁当箱から、読んだページに自動的にはさまるしおりまで【今週のライフハックツールまとめ】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加