人間に「ロボットの足」をつけたして重いものを運ぶパワーローダー

人間に「ロボットの足」をつけたして重いものを運ぶパワーローダー

  • インターネットコム
  • 更新日:2016/10/19
No image

動画・画像が表示されない時はこちら

人間の体にロボットの足の部分を装着して重いものを運ぶパワーローダー「MS-04」を、奈良県のメーカーであるアクティブリンクが発表した。

アクティブリンクはパナソニックの社内ベンチャー制度により設立。重作業支援用途のパワーローダーを開発している。

新型のMS-04は、NVIDIAの深層学習(ディープラーニング)基盤「NVIDIA Jetson TX1」を採用し、足元の起伏や障害物に対して順応しながら、人間が歩くのに合わせて二足歩行する。車輪つきの台車などが通りにくい場所で、荷物を運搬できるのが特徴だ。

利用する際は、後ろからロボットの足を抱え込むようにして歩く。これは人間が普段荷物を持ち上げて運ぶ姿勢に近く、作業面での安定性を高めるという。目の前が見えなくなりそうだが、モニタリングシステムによって補っている。

MS-04の技術情報は大学や研究機関に提供する。またプロトタイプを、東京ビッグサイトで開催中のロボットイベント「Japan Robot Week 2016」に出展している。

動画・画像が表示されない時はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の不思議な音響技術がつまったスピーカー「pavé」を聞きに行ってみた
iPhone7よりも軽いモバイルバッテリーが新発売
ASUS、ZenBook誕生5周年記念の13.3型ノートを100台限定販売 - 税別約6万円
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
見よ、この小ささ! 指でつまめる防犯カメラは機能も充実しているのだっ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加