東京為替:ドルは112円台前半で小動き、株高継続もドルは上げ渋る

東京為替:ドルは112円台前半で小動き、株高継続もドルは上げ渋る

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/13
No image

株式会社フィスコ

13日午前の東京市場でドル・円は112円20銭近辺で推移。日経平均株価は44円高で推移しており、一時21000円台上昇した。ただし、本日発表される米小売売上高や消費者物価指数を控え様子見姿勢が強まっており、ドル・円は112円台前半でこう着状態になる可能性もあるとみられている。112円30銭から50銭のゾーンにはドル売り興味が残されているようだ。ここまでのドル・円は112円17銭から112円31銭で推移。

・ユーロ・円は、132円75銭から132円89銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1825ドルから1.1847ドルで推移

■今後のポイント
・112円近辺には顧客筋、個人勢のドル買い興味残る
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値50.80ドル 安値50.70ドル 直近値50.74ドル

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
住宅ローン、破綻する人の「マズすぎる返済計画」パターン
マツダと資生堂、香水を共同開発 車らしさやスピード感を香りで表現
トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
没落する日本の家電業界で、ツインバード工業がV字回復できたワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加