沖縄の夏デザートの金字塔「ぜんざい」の人気店セレクト3

沖縄の夏デザートの金字塔「ぜんざい」の人気店セレクト3

  • るるぶ.com
  • 更新日:2017/08/15
No image

沖縄の夏といえばぜんざい。「夏にぜんざい?」と思う方もいると思いますが、沖縄のぜんざいはお汁粉タイプではなく、カキ氷スタイル。小豆ではなく金時豆を使うのも沖縄琉です。白糖や黒糖で甘~く煮詰めた金時豆の上にたっぷりのったかき氷。専門店のほか、食堂やパーラー、レストランでも提供されるなど沖縄の夏にはなくてはならないぜんざいの人気店を3店ご紹介します。(写真は千日)

親子3代で通う常連客もいる老舗の千日

No image

創業50年以上。沖縄ぜんざいの発祥店ではないかとされる老舗店「千日」。ピラミッドの様なカキ氷は高さ30cmほどありそのボリュームに驚きますが、ふんわりとした氷のためあっさりと完食できちゃいます。写真は最もスタンダードなアイスぜんざい300円。イチゴ味のシロップをかけたいちご金時400円やいちごミルク金時500円もおすすめです。

ボリュームは正真正銘のパワー系!でも見た目は癒し系「いなみね」の白熊

No image

本島南部、糸満市にある「いなみね冷し物専門 お食事処」で提供される白熊。一般的なカキ氷の3人分はあるというボリュームと、サクランボやパインで作ったどこかとぼけた表情がユニークなぜんざいです。かなりのボリュームですが、ペロリと平らげる人も多いそう。ちなみに表情はお客さんの顔に似るらしい(笑)。その真偽は実際に出かけて確かめよう。白熊626円。ミニサイズ432円もあります。

ぜんざいを鮮やかにアレンジ「ひがし食堂」の三色ぜんざい

No image

ひがし食堂は、名護市にある老舗の大衆食堂でいつもたくさんの人で賑わっています。彼らのお目当ては、カキ氷をはじめとしたクールなスイーツで、特にカラフルな三色金時400円が人気。メロン、レモン、イチゴのシロップが織りなす美しいカラーリングに食べる前に思わずインスタアップ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【公式レシピ】ビールに「カルピス」を入れると美味しいらしいのでやってみた結果 → 苦みが消えてまろやかになったでござる
吉野家、富士そば、王将「激ウマ裏メニュー」
黒歴史カップ麺の復刻版が「半額セール」 「やっぱり駄目だった」?日清に聞くと...
ガストの昼飲みが異常に安く済むのはなぜ?  酒も安いしつまみも安い
もう食べた?西日本を中心に増殖する「スリランカカレー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加