最新ランキングをチェックしよう
エネルギー小国日本の選択(12) ── 資源高と原子力ルネッサンス

エネルギー小国日本の選択(12) ── 資源高と原子力ルネッサンス

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/11/21

原油高で石油株は上昇した(2013年8月、ロイター/アフロ)

 1990年以降、1バレル20ドル前後で推移してきた原油価格は、2000年代半ばから上昇基調となり、2008年に急騰して100ドルの大台を突破、一気に147ドルの史上最高値まで駆け上がる。背景には中国をはじめとする新興国の旺盛な需要があった。将来の安定供給が不安視され、国際商品取引に投機的なマネーが流入し、上昇を加速させた面もある。 

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パナソニック、巨額投資に回収不安か
ビットコインを「詐欺」呼ばわりのダイモンCEOが発言を後悔
ホンダの顔、新型『シビック』が降臨!日米で「OTOKOMAE」な走りを味わってきた
【検証】ユニクロの『シームレスダウン』が暖かすぎるので、下は「半袖Tシャツだけ」でも真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果
「国民皆保険」崩壊で老後に起きる事態
  • このエントリーをはてなブックマークに追加