巨人・内海、ミスターからの“金言”に感激「もうひと花、ふた花咲かす」

巨人・内海、ミスターからの“金言”に感激「もうひと花、ふた花咲かす」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01
No image

巨人・内海哲也投手(34)が29日、長嶋茂雄終身名誉監督(80)から“金言”を授かった。都内で行われた社会貢献活動を表彰する「ゴールデンスピリット賞」の表彰式で「(来年は)35歳か。一番いい時だ」と激励され、「太鼓判を押してもらった。やる気を頂けました」と感激した。

ミスターは現役時代、35歳のシーズンに首位打者を獲得。内海に「俺もいい時だった」と説明したという。ここ3年、2桁勝利から遠ざかっている左腕は「もうひと花、ふた花咲かせるように頑張ります」と誓った。

この日は09年から始めた「内海哲也ランドセル基金」の活動が評価され、同賞を受賞。「多くの方に喜んでもらえるように。引退するまで続けていきたい」と約束した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
荒川博氏の死去に「最後の弟子」中日渡辺ショック
山口は背番号42、森福は13 巨人で入団会見
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
各球団発表、12月5日の入団、背番号は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加