G大阪執念ドロー 井手口、先制弾&同点演出も「勝てた試合」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇明治安田生命J1リーグ・第26節 G大阪2―2大宮(2017年9月16日 熊谷陸)

最高に旬な男が決めた!明治安田生命J1リーグは16日、各地で第26節の8試合が行われ、G大阪はアウェーで大宮と2―2でドロー。「W杯出場決定弾」のMF井手口陽介(21)が前半に先制ゴールを叩きこむなど、リーグ戦でも好調をアピールした。C大阪はアウェーで広島に0―1。首位・鹿島と勝ち点10差に広がり、昇格即優勝の夢は絶望的となった。

笑みはなかった。ただ悔しさを押し殺した。試合終了間際に追いつく粘りを見せたものの、井手口は「勝てた試合。ネガティブな結果に終わった」と表情をこわばらせた。

幸先良いスタートは切った。0―0の前半28分、ゴール前の浮き球に誰よりも早く反応して右足ボレー。「当たり損ね。たまたまです」というシュートは相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。守勢に回った後半は一時逆転されたものの、ロスタイムには絶妙なサイドチェンジから長沢の同点弾を演出。全2ゴールに絡んだとはいえ、2試合連続勝ち星なしでは喜びも半減だ。

ロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)で鮮烈なミドルシュート。一躍脚光を浴びる存在になった矢先、イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)リーズからの正式オファーが判明した。日本代表としての自覚は徐々に強まり、今では「チームを勝たせたい気持ちは以前よりも強くなっている」という。

早ければ今冬にも保有権はリーズに移る。その前に、G大阪でやるべきことは少なくない。残り8試合。優勝は絶望的でも、ACL出場圏内の3位・柏との勝ち点差は「10」で可能性は消えていない。最後までファイティングポーズをとりつづける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
九州山口勢4人が決定戦進出 修了記念競走
J3鹿児島ユナイテッドFCの「よかにせ」藤本 連続得点王で昇格決めるぞ
“顔面蹴り”きっかけで前半に2人負傷退場...残留争う札幌vs新潟は序盤からアクシデント続出
【週末の対戦予定】吉田は“超強力”マンU攻撃陣を封じられるか...首位・鹿島はG大阪と対戦
中村俊輔がJ1で24発目のFK弾! 低い弾道でサイドネットを射抜き決勝点に

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加