「ヒロアカ」山下大輝、志田未来らが大声対決、「ハンバーグ!」「流れるプール!」

「ヒロアカ」山下大輝、志田未来らが大声対決、「ハンバーグ!」「流れるプール!」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2018/07/25

本日7月24日、「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~」の完成披露が東京・イイノホールにて開催され、キャストの山下大輝三宅健太志田未来生瀬勝久岡本信彦佐倉綾音石川界人梶裕貴が登壇した。

No image

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」完成披露の様子。

すべての画像・動画を見る(全23件)

No image
No image

キャストたちは、2人1組で客席後方から登場。歓声を浴びながらステージに上がった山下は「このあと(映画を)みんなに観てもらうんですけど……すげえ楽しいよ!」とファンの期待を煽る。梶は「お前ら、夏は暑いか?」と自身が演じた焦凍の声で観客に尋ね、「暑い!」という反応を確認すると「じゃあ俺が冷やしてやるよ。フリージングディザスター!」と必殺技を唱えて客席を沸かせた。

No image

続いて、先頃アメリカ・ロサンゼルスの「Anime Expo 2018」で行われたワールドプレミア上映の話題に。山下は「日本と同じように『ヒロアカ』が好きな人が集まっていて、愛のあふれるアメリカンな歓声をいただけて非常にうれしかったです」と述懐する。最前列で鑑賞したという志田は「物語の内容は知っていたのですが、初めて観るように引き込まれていきました」と述べ、生瀬は「英語で挨拶をするときに『I'm Shohei Ohtani.』と言ったら、お客さんがドン引きして全然ウケなくて。でも日本に帰ってきたら、Yahoo!ニュースに『大爆笑』って書いてあったので救われた」と明かして会場の笑いを誘った。

そしてMCが登壇者たちへ本作のお気に入りのシーンを尋ねると、三宅は「オールマイトの若かりし頃が描かれるということで、血気盛んに演じさせていただきました。見どころであり、お気に入りでございます」とにっこり。岡本は「オールマイトの背中がカッコよかった」「後半の熱い展開に、あまり感情の動かない僕も感極まりそうになりました」としみじみと話し、石川も「『ヒロアカ』のいいところって戦闘シーンのカッコよさだと思うんです。劇場版は大画面、大音量の迫力がすごい!」と作品の完成度に自信をのぞかせる。

No image
No image
No image

さらに、本イベントが“完成披露”であることにちなんで、キャストたちが“歓声ヒーロー”となり、「この夏チャレンジしたいこと」をテーマに思いを叫んだ声量を計測する企画も。山下は「ハンバーーーグ!」と食べたいものをシャウトして高得点をたたき出し、その後も岡本は「(夏に)勝つ!」、生瀬は「人間ドック!」、志田は「流れるプール!」と次々と大声を出していく。しかし優勝者には、もっとも高いポイントを得た山下ではなく、佐倉の「ずっと昔から好きで」という独断と偏見によって志田が選出された。

最後は山下と三宅、観客による「更に向こうへ」「Plus Ultra(プルス・ウルトラ)!」のコールアンドレスポンスで締めくくられ、イベントは大盛況のうちに幕を下ろした。

堀越耕平が総監修を務め、長崎健司が監督、菅田将暉が主題歌を担当した「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」は、8月3日より全国でロードショー。

(c)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
けやき坂46出演舞台「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」キャラビジュアル解禁
スパイク・リー監督最新作、キャストが語る人種差別への思い
松浦だるま『累―かさね―』本日発売のイブニングで完結!最終14巻は映画公開9月7日に発売
傑作『センセイ君主』こそ実写映画化の見本!竹内涼真、浜辺美波が選ばれた理由とは?
ネット配信の勢いがどんなにすごくても、レンタル店に行く理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加