最新ランキングをチェックしよう
「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情

「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/11/14

芦花ホームの食堂に入居者が集まってきた。石飛幸三さんが終末期医療への問題を問うた『「平穏死」のすすめ』はベストセラーになった(撮影/編集部・澤田晃宏)

 高齢化に伴う「多死社会」を迎え、終末期医療に関する議論が活発化している。自らの意思を明らかにしたい。自然に逝きたい。体制整備が始まっている。【写真】芦花ホームの文化祭の様子はこちら 東京都世田谷区にある特別養護老人ホーム「芦花ホーム」に足を運ん

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
無印の店員さんも使ってるコレで、ごちゃごちゃなポケットから解放〜!|マイ定番スタイル
「抱いて。私たち...このままじゃダメになる」苦悩する女にハイスペ夫が突きつけた、残酷な一撃とは
首に見えるけど実は違う! ある女性の写真に困惑する人続出「5分見ても正解が分からなかった」
パパに叱られた娘の「ある行動」に、母のツッコミが止まらない!(笑)
織田裕二 坂上忍に“絶縁通告”!呼び捨て&東ラブイジリで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加