スバルの3列SUV アセント、最新コネクト搭載...高速LTE通信も【ロサンゼルスモーターショー2017】

スバルの3列SUV アセント、最新コネクト搭載...高速LTE通信も【ロサンゼルスモーターショー2017】

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/06
No image

スバル・アセント(ロサンゼルスモーターショー2017)

もっと画像を見る
SUBARU(スバル)は、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017で初公開した新型3列シートSUVの『アセント』に、最新のコネクティビティを搭載すると発表した。

アセントには、「スバル・スターリンク」の最新バージョンを搭載。アップルの「Car Play」、グーグルの「Android Auto」とのスマートフォンとの統合、Bluetoothハンズフリー電話接続、オーディオストリーミングを備えたマルチタッチ高解像度ディスプレイ付きの「スターリンク・マルチメディアシステム」を採用する。

また、車内Wi-Fi接続が初めて可能に。高速LTE通信によるスムーズなインターネットアクセスを実現する。スマートデバイスを使用すれば、2列目と3列目シートの乗員が利用できるエンターテインメントが拡大する。

「スバル・スターリンク・コネクテッド・サービス」では、リモートエンジン始動が可能に。コンシェルジュサービスも提供する。ソフトウェアのアップデートは、無線通信で行う。

さらに、SOS緊急通報、ロードサイドアシスタンス、自動衝突通知などが利用できる「セーフティプラスパッケージ」を設定。「セーフティプラス&セキュリティプラスアップグレードパッケージ」では、盗難車リカバリーサービス、車両セキュリティ警告通知、リモートロック/アンロックなどが追加される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジョジョスマホの詳細が発表 -「擬音モード」や「スタンドカメラ」など
アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
「ジョジョスマホ」約13万円でドコモが12月20日予約開始、1万台限定
セクシーなVRアシスタントのせいで苦情が殺到してメーカーがキャラクターを削除&謝罪
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
  • このエントリーをはてなブックマークに追加