最新ランキングをチェックしよう
江戸時代は道路標識や表札がなく家を訪問するのは大変。迷子になると自力で両親との再会は難しかった?

江戸時代は道路標識や表札がなく家を訪問するのは大変。迷子になると自力で両親との再会は難しかった?

  • Japaaan
  • 更新日:2017/10/13

町人たちの住んでいたところ
江戸の町人居住地は、嘉永6年(1853)には江戸全体の約15%のみ。この時、町人の人口は57万人5091人だったので、かなり狭くぎゅうぎゅうになって暮らしていたことが窺えます。
一つの町には道路に面して建物が並び、それぞれ長方形のブロックを作っていました。現代のように道路標識や町名表示はなく、表札もありませんでした。初めての場所を訪ねるときは、それはもう大変です。特定の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
彼女の父に“家柄や学歴”を侮辱された男が、最後にした「仕返し」
『水曜日のダウンタウン』“ジョジョの鉄塔”放送内容変更の裏に「過激ロケ警察沙汰」
自殺していた“主犯格”の男 ナゾに満ちたその素顔
GK川島の「落ち度」とは W杯失点に不安、次戦は交代?
ライバル心むき出し?W杯日本初戦で韓国人解説者の実況が物議
  • このエントリーをはてなブックマークに追加