仮想通貨の広告の審査代行「仮想通貨広告パトロール」の提供開始

仮想通貨の広告の審査代行「仮想通貨広告パトロール」の提供開始

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/14
No image

株式会社フィスコ

総合ネットセキュリティ企業のイー・ガーディアン株式会社は、仮想通貨の広告の審査を代行する新しいサービスである「仮想通貨広告パトロール」の提供を、2018年2月8日(木)から開始した。

イー・ガーディアンは、インターネッと環境を安心で、安全なものにするために、普段から、投稿監視、風評調査、ソーシャルリスニングなどを業務を行っている企業である。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は主にインターネット上で取引をしており、2017年は仮想通貨元年といわれるほど、仮想通貨の価格が急激に膨らみ、時価総額が大きく跳ね上がった。しかし、コインチェックでのハッキングで500億円以上の仮想通貨が盗難にあうなど、仮想通貨取引交換所の運営体制や管理体制など未熟さが問題視されている。

さらに、メディアに登場する仮想通貨関連の広告も射幸心をあおるものも見受けられ、それらが詐欺的行為を助長しかねないとの判断から、アメリカのfacebookは仮想通貨の広告の全面禁止にしている。

仮想通貨をめぐるこうした現状を受けて、今後、仮想通貨関連広告の大手メディアへの掲載制限や広告コンテンツの規制厳格化が求められることは十分考えられる。そこで、イー・ガーディアンとしては、仮想通貨取引所や広告代理店を対象に、仮想通貨に関する広告の審査代行を行う新サービス「仮想通貨広告パトロール」を開発し、提供することとなった。

このサービスは、ブロックチェーンの主要団体などが発表する広告配信における留意事項や顧客企業の基準、ガイドラインや景品表示法などの広告関連法に基づき、専門スタッフが掲載前や掲載中の広告の原稿チェックを行うというものである。

イー・ガーディアンが持っているカードローンやクレジットカード、FXでの広告審査代行業務で培ったノウハウを活用して、専門性と質の高いサービスの提供を行うことで、仮想通貨の広告コンテンツの健全性や信頼性の担保に貢献するつもりだ。

【ニュース提供・エムトレ】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガソリン車、存続の危機...エンジン部品メーカー、生産撤退始まる
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
フォーブス・トラベルガイド、2018年の格付け発表 日本ではホテル29軒とスパ9軒が格付け獲得
ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ
三越伊勢丹、ブランド力過信し成長停滞...前年比4割減益で赤字転落寸前
  • このエントリーをはてなブックマークに追加