バド桃田「必ず良い結果を」故郷福島に金メダルを約束 「3.11」から9年、吉田沙保里・丸山桂里奈らアスリートがメッセージ

バド桃田「必ず良い結果を」故郷福島に金メダルを約束 「3.11」から9年、吉田沙保里・丸山桂里奈らアスリートがメッセージ

  • リアルライブ
  • 更新日:2020/03/11
No image

吉田沙保里

2011年3月11日に発生し、東北地方を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災。その未曾有の災害が発生してから11日で9年となった。

各報道によると震災による死者・行方不明者は、避難生活などで亡くなった「災害関連死」を含めて2万2167人。また、9年が経過した現在でも、全国で4万7737人が避難生活を余儀なくされているという。

この悲劇から9年の節目を迎えた11日、SNS上では多数のアスリートがメッセージを投稿している。

震災の影響で開幕が延期された野球界では、ヤンキース・田中将大(当時楽天)、カブス・ダルビッシュ有(当時日本ハム)、ツインズ・前田健太(当時広島)の日本人メジャーリーガー3名が、それぞれ自身のツイッターにコメントを投稿している。

女子レスリングの元世界女王・吉田沙保里は「今も色々と大変な時期ですが、みなさん前向きに頑張って行きましょうね」とメッセージを投稿。

震災が発生した2011年にW杯を制した女子サッカー元日本代表の丸山桂里奈も、「ずっと時計が止まっている気持ちもあります。心に穴が空いてる気持ちもあります。でも、自分ができることを続けて少しでも街が元気になり、みんなに笑顔が戻ればいいなと願うばかりです!」と被災地に思いを寄せている。

また、東京五輪で金メダル獲得が期待されるバドミントン男子・桃田賢斗は「自分の故郷でもある 福島。 福島の皆さんには本当に感謝してます。 福島のみんなの為にも自分は今しっかりトレーニングを続ける事が大事。 必ず良い結果を伝えられるように」と決意を述べている。

発生から月日が経つにつれ、震災の記憶が薄れることを危惧する声も高まっている「3.11」。今後も震災の記憶を風化させず後世に伝えていくためには、強い影響力・発信力を持つアスリートたちも重要な役割を担っている。

文 / 柴田雅人

記事内の引用について
吉田沙保里の公式ツイッターより
https://twitter.com/sao_sao53
丸山桂里奈の公式ツイッターより
https://twitter.com/marukarichan11
桃田賢斗の公式ツイッターより
https://twitter.com/momota_kento

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
MLBが7月1日開幕&100試合制を検討 AS中止、WS中立地開催、米メディア報じる
ヤンキース田中将大、3月下旬に「日本へ一時帰国しました」
【MLB】日本に帰国した田中将大がコメントを発表「様々な想いがありました」
ダルビッシュ「アメリカの方がやばい」「日本は踏ん張っている」 マー君・筒香らが帰国の中、アメリカに残る決断に称賛の声
【MLB】前田健太のポジティブ思考に驚きの声 7月4日開幕の可能性に「パワーアップできる!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加