「犬にレインコートを着せないで!」・・・科学者の叫びには理由があった

「犬にレインコートを着せないで!」・・・科学者の叫びには理由があった

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2018/06/09
No image

雨の日でも愛犬のお散歩に行く?

No image

アイペット損害保険株式会社が、2017年梅雨の季節に合わせて犬の飼い主1,077名を対象とした『雨の日のお散歩に関する調査』を実施した結果、「雨の日でもお散歩に行く人」は61%との回答が出ました。

なお「雨の日が続いた場合」や「雨の程度によってはお散歩に行く」という条件付きでは、中型犬・大型犬の飼い主は77%、小型犬の飼い主は54.1%という回答が出ています。

雨の日にお散歩に行く理由としては「犬のストレス解消のため」が第1位となっています。

梅雨の季節は大好きなお散歩に行けないことで愛犬がストレスを溜め込むことになります。

飼い主としてできるだけお散歩に連れて行きたいところですが、中には雨の日にお散歩を嫌がるワンちゃんもいるようですね。

みなさんのワンちゃんはいかがでしょうか?

「レインコート」を愛犬に着せる?

No image

筆者の周りでは、雨の日に犬を連れてお散歩する飼い主さんの姿をよく見かけます。その理由を聞くと、一番はトイレの問題。
トイレを外でしつけた場合は、天気に関係なく雨の日も散歩に行かなければなりませんね。

犬は規則正しい生活リズムを好むため、例え雨が降っていようが飼い主の様子を伺いながら大好きなお散歩の時間を待ち侘びます。小型の室内犬の飼い主さんであれば、家の中でもトイレができるようにトレーニング済みの方も多いことでしょう。

しかし雨の日になると、ベランダ越しに外を眺めている姿はとても悲しげで、飼い主として切ない気分になりますよね。

雨の日対策グッズとしてレインコートを着てお散歩している犬を見かけるようになりました。スタイリッシュなデザインやカラフルなカラーなど犬種やサイズによって品揃えも豊富ですね。

快適にお散歩ができるように飼い主はいつでも必死です。しかし中には雨の日にレインコートを着せると嫌がるワンちゃんもいるようです。

犬が大好きなお散歩を拒みレインコートを嫌がるのはなぜでしょうか?
一つの理由がありました。認知科学者アレクサンドラ・ホロウィッツ氏の著書『犬から見た世界』には「お願い!レインコートを着せないで」と書かれています。自身も愛犬家で科学者であるホロウィッツ博士が解き明かしたその理由とはいったい何でしょうか?

犬がレインコートを嫌がる理由

No image

犬がレインコートをどう思うかについて最も有効な情報は、野生の犬が示す自然の行動であると述べています。以下ホロウィッツ博士の言葉を引用しました。

犬もオオカミも、ともに恒久的な自分のコートをもっているため、コートはひとつで十分だ。雨が降るとオオカミは隠れ場を探すかもしれないが、自然の材料で体を覆うことはない。この事実は、彼らがレインコートを必要としているとか、関心があるという主張にはマイナスである。レインコートには上着として意外に、別の特異な性質がある。彼らの背中、胸、ときには頭をぴったりときついくらいに覆うのである。オオカミが背中や頭をきつく締め付けられる状況は確かにある。他のオオカミに支配されている時か、年長のオオカミや血縁者に叱られている時だ。支配的なオオカミは時々劣位のメンバーの鼻を押さえて身動きできなくさせる。これはマズル・バイティングと呼ばれる行動である。口輪をかけた犬がおとなしく見えるのはおそらくそのためだろう

※アレクサンドラ・ホロウィッツ著『犬から見た世界』より引用

No image

ホロウィッツ博士によれば、レインコートを着せられた犬は、上位の犬が下位の犬に対してのしかかる支配行動を再現させ、犬の体がプレッシャーを感じていると述べています。

したがって、コートを着せられた犬が感じているのは、濡れないですむということではなく、自分より優位の誰かがそばにいる居心地の悪さです。

レインコートを着せられた犬が、その場でフリーズするのは、おそらく「支配された」と感じるからだといいます。

例えばお風呂を嫌がる犬が、完全に濡れた状態や、濡れタオルをかけられると突然おとなしくなることがあります。

これと同様に、レインコートを着た犬は雨の日のお散歩を喜んでいるように見えるかもしれませんが、レインコートが好きだからではなく、抑制されたためだということです。

結果、犬は雨の日でも濡れずにお散歩することができます。ですが犬を濡れさせたくないのは私たち人間であり、犬ではないのです。

最後に

No image

ホロウィッツ博士は、雨の日にレインコートを着せることが悪いことだと否定しているわけではありません。

重要なことは、雨が降っている日に犬が散歩を嫌がることに気づくことは大切で、そこから「犬は雨が嫌いだ」と結論づけるのは飛躍した解釈だということです。

「うちのコは雨が嫌い!」それはどういう意味なのか考えてみましょう。人間のように雨に濡れることが嫌いなのか?これは飛躍した考え方かもしれません。
「レインコートを出すと愛犬は尻尾を振る」・・・これはお散歩の前触れだと気づいた条件づけかもしれませんよね。

私たちは言葉を話さない愛犬に対し、どうしても擬人化させてしまう傾向があり、犬の行動から心理を飛躍して解釈してしまいます。ホロウィッツ博士は、犬の行動をまず観察して読むこと、あとはいかに解釈するかを学んでほしいと訴えています。

犬はいつも動作や表情で気持ちを訴えています。一番身近にいる飼い主に理解して欲しい・・・そう願っているはずです。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

今まで出来ていたことが突然出来なくなった時、愛犬が「嫌なイメージ」を抱いていないか考えよう

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
hanna☆teffa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
猛毒コブラ 2匹が互いをヘッドロック「完全に絡まる」(動画)
犬「なんて登り降りしやすいんだ! 」
養鶏業者がゴミ処理場に腐っていたはずの大量の卵を捨てたところ、ほとんどが孵化してしまうハプニング(ジョージア)
オペラ歌手顔負けの美声を持つ犬...ブルドッグの歌声(動画)
実は愛犬が喜んでいない4つの意外な行為
  • このエントリーをはてなブックマークに追加