尾川、時差ぼけなし 世界初挑戦の地・ラスベガスで汗流す

尾川、時差ぼけなし 世界初挑戦の地・ラスベガスで汗流す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/10
No image

ラスベガス市内のジムで汗を流す尾川堅一ⓒTEIKEN

「ボクシング IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦」(9日、米ラスベガス)

世界初挑戦の同級4位、尾川堅一(帝拳)が現地時間4日、朝からMRI検査や目の検査、健康診断などを済ませ、ネバダ州コミッション事務局でライセンスの申請を行った。また、ラスベガス市内のバリーズ・ボクシングジムで田中繊大トレーナーとのミット打ちなどで汗を流した。

尾川はジムを通じて「病院での待ち時間など少しウトウトはしましたが、しっかり睡眠を取れたこともあり、時差ぼけの影響は感じませんでした。明日はジムワークだけなので、しっかり動いてしっかり休みたいと思います」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
登坂の出場可否透明、9月に左足負傷 20日開幕全日本選手権
村田諒太の無敵の笑顔、王者奪取の裏にある心の動き
前田日明 時空を超えて無限大につらなる輪RINGSのひとつめの輪――フミ斎藤のプロレス読本#155[前田日明編・後編]
テレビ東京 15日深夜「新K-1伝説」放送
後継者、誕生。――IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加