田川、森保ジャパン1次L切り札に抜てき!タイ戦へ気合18歳「点を取る」

田川、森保ジャパン1次L切り札に抜てき!タイ戦へ気合18歳「点を取る」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/13

【江陰(中国)12日】U-23(23歳以下)アジア選手権に挑むU-21日本代表は、13日午後7時半(日本時間同8時半)から当地で行われる第2戦でタイと対戦する。主力組の1トップにはFW田川亨介(18)=J1鳥栖=が起用され、タイ戦での先発出場が確実に。日本はタイに勝てば、16日の北朝鮮戦を残して準々決勝進出が決まる可能性もある。

気温5度の酷寒の中国で、1次リーグ突破の切り札に指名されたのは18歳だった。紅白戦でFW田川が1トップに起用され、タイ戦での先発出場が決定的になった。

「自分がチームを引っ張る。点を取って勝利に貢献したい」

江陰スポーツセンター内のサブグラウンドで約2時間、汗を流した田川が鋭い視線で決意を表明した。所属する鳥栖ではすでに主力。昨季は24試合に出場して4得点を決めた。物おじするところはない。

昨年9月23日のアウェー浦和戦で2ゴールを決めるなど、大事な試合での活躍が認められて今回の招集となった。鳥栖で1トップ経験はあまりなく、「慣れないポジションだけど自分のプレーの幅も広がる。トライしたい」。期待されているのはポストプレーで、「自分が攻撃の起点になれればいい」と意気込んだ。

タイには昨年12月の国際親善大会で敗戦。同じ相手に連敗はできない。10日のパレスチナ戦は1-0で辛勝。勝てば1次リーグ突破が決まる可能性もある大事な一戦で、田川が躍動する。(宇賀神隆)

U-23アジア選手権

23歳以下のアジア各国の代表チームにより行われる大陸選手権。U-22アジア選手権2013として2014年に第1回大会を開催。第2回はリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねて16年に開催された。今回が第3回で、次回は20年に東京五輪アジア最終予選を兼ねて行われる予定。今回は9日から27日まで中国で開催される。出場国は16カ国で、4カ国ずつ4組に分け1次リーグを実施。各組上位2カ国が決勝トーナメントに進出する。前回大会は日本が初優勝。

田川 亨介(たがわ・きょうすけ)

1999(平成11)年2月11日生まれ、18歳。鹿児島県出身。雲仙アルディートFC、鳥栖U-18を経て、2017年にトップチーム昇格。U-16、U-17、U-18、U-20と各年代の日本代表に選出された。J1昨季24試合4得点、同通算も同じ。ポジションはFW。1メートル81、70キロ。

No image

日本のタイ戦予想スタメン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森保ジャパン、送り込んだ選手を信じた指揮官と期待に応えた選手たち
「それがないと、やっぱり」 準決勝へ導くゴール誓うU-21代表FW田川亨介
【ガンバ革新】背番号10の絶対軸、倉田秋に問う「クルピ新監督、どうよ?」
最新FIFAランク発表。日本はアジア3位を維持。ロシアはW杯出場国最下位脱出
DF板倉滉に代わりDF古賀太陽が先発濃厚...準々決勝に臨むU-21代表、森保監督「もう2試合プラスする」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加