聖光学院 エース斎藤が快投!5安打、12Kで今大会完封一番乗り

聖光学院 エース斎藤が快投!5安打、12Kで今大会完封一番乗り

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇全国高校野球選手権大会3日目 聖光学院6―0おかやま山陽(2017年8月10日 甲子園)

No image

<おかやま山陽・聖光学院>聖光学院の先発・斉藤

第99回全国高校野球選手権大会は10日、甲子園球場で大会3日目が行われ、聖光学院(福島)がおかやま山陽(岡山)を6―0で下して、2年連続で初戦を突破した。

聖光学院は2回無死一塁から仁平の適時三塁打、続く松本の適時打で2点を先制。3回には柳沼の犠飛で追加点を挙げた。4回は矢吹が適時三塁打、5回は再び仁平が適時打を放ってリードを広げた。

投げては先発・斎藤が5安打に抑え、今大会の完封一番乗り。奪った三振は12を数える快投で初戦突破を引き寄せた。

春夏通じて初出場のおかやま山陽は先発・大江が4回途中8安打4失点。打線は最後まで相手エースを攻略できず。11年連続出場の強豪の前に散った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
藤井四段、最大派閥への連勝「7」に フィーバー再燃の予感
巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
阪神投手陣非常事態...ドリスが体調不良で欠場、緊急降板の小野は抹消も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加