“察して女”を一刀両断! 心理カウンセラーが説く恋愛コミュニケーション術

“察して女”を一刀両断! 心理カウンセラーが説く恋愛コミュニケーション術

  • TOKYO FM
  • 更新日:2019/07/04
No image

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。6月17日(月)放送「Blue Ocean Professional」のコーナーでは、心理カウンセラー・塚越友子さんが登場。恋愛心理やテクニックについて教えてもらいました。

住吉美紀、塚越友子さん

元・銀座No.1ホステスの経歴を持ち、現在は心理カウンセラーとして活躍中の塚越さん。「水希」のペンネームで、「銀座No.1ホステスの大切な恋の続け方」「銀座No.1ホステスの女性心理カウンセラーが教えるモテる男の即効フレーズ」など、恋愛心理にまつわる本も多く執筆されています。

今回は、ホステス時代の経験談や、恋愛下手こそ心に留めておきたいコミュニケーション術をうかがいました。

◆ドアの閉め方でわかる“依存性”

塚越さんいわく、「恋愛がうまくいかない人は一目でわかる」のだとか。女性だと、ドアを閉めるときの仕草1つで、こんな特徴があります。

「ちゃんと(手で)持って閉めるのか、人に任せっぱなしにするのかでまったく違います。前者は自立心があり、『自分のことは自分でやろう』という方。後者はすごく依存的で、『人にやってもらって当たり前』というところがあります。あまり恋愛がうまくいかない方が多いです」

一方男性は、ホステス時代の経験から“握手のしかた”などでわかると話します。

「強く握る、手を包み込む方は支配欲が強いです。出世はしますが、恋愛におけるパートナーとしてはおそらく、モラハラ系になるんだろうなと思いますね」

◆番組スタッフ(20代)「恋愛したい!」

若者の恋愛離れが叫ばれる昨今。恋愛心理を説く塚越さんは、その調査データ自体に危機感を抱いていると言います。

「どういう質問の仕方だったんだろう、どんなサンプルだったんだろうと疑問があります。偏りがあった可能性もあるので。結局、こういうデータは印象操作をするためのもの。これで『恋人がほしいのはカッコ悪いんだ』と諦めてしまうと、『私だけ行き遅れた!』みたいなことになるので、私の考えでは(こういう調査は)無視したほうがいいと思います。人間にとって、パートナーを持つことは自然な欲求です」

ちなみに、住吉いわく「『Blue Ocean』20代スタッフチームは全員『恋愛したい!』とピヨピヨ鳴いていました(笑)」とのこと。では、そんなスタッフを含め、恋愛したい方へのコミュニケーション術を教えてもらいました。

◆モテる男は“応答性”がいい

まずは男性編。モテるか否かは、“応答性”が大きく関わるそう。

「愛情は応答すること。『お腹がすいた』に対して『じゃあ予定を変更してご飯を食べに行こうか』、『疲れた』に対して『ちょっとお茶しようか』など。そこがうまく噛み合わないと、愛は深まらず、絆もできません」

しばらく恋愛離れしていた人は特に、自分をよく見せることを意識し、応答性を無視しがちなのだとか。「まずは職場などでまわりに気を配ってみて」とアドバイス。

LINEの既読スルーも応答性の低さにつながります。ただし、最初だけマメにするのはNG。「あとで『手抜いている』と問題になるので(笑)、続けられる範囲の、いつもより少しマメなレベルで頑張りましょう」とのこと。

しかし、“応答性”の問題以前に、女性が苦手という方も。その場合は、「環境の力を使うことが一番簡単」だと言います。

「人は、不快な場所にいると、一緒にいた相手まで不快な人という印象を持ちます。だから、混雑しがちな駅前の待ち合わせはもってのほか。今の季節ならば暑いですし、ちゃんと喫茶店などで待ち合わせをするのが大事。そして、少し暗めのお店がいいですね。親和欲求が増し、『近づきたい』『一緒にいたい』と思うようになるので。あとは会話で頑張りましょう!」

ちなみに、男女問わず、デートでは家族に関する質問をするといいそう。パートナーシップのもとは家庭にあるため、そこにズレがないのが理想的。

「夏休みは家族で旅行をする家庭だったのか、食事はみんなで食べる家庭だったのか……。そこですれ違いが起き、ケンカのもとになることも。家族の習慣やルール、小さいころの思い出、エピソードなどを質問しておくと、合うか合わないかがわかります」

◆「察してほしい」は今すぐやめて

次は女性編。「愛される女性になるには?」との質問に、「その考え方自体をやめましょう!」とバッサリ。

「それは相手に『愛してください』『選んでください』とお願いする姿勢になり、下の立場になってしまいます。すると『こいつ、いつでもイケるんだな』と、都合のいい女扱いに。パートナーなので、愛されるのは当たり前という前提でデートするのが大切です」

そして、恋愛下手な女性にありがちなこととして、こんな指摘も。

「ケアされることで愛されたと感じ始めると、女性特有の回りくどいコミュニケーションが始まってしまいます。不服なときに黙り込んで『察してよ!』と(笑)。でも、察してほしい女性は、仮に相手が察してくれたとしても、100%思った通りでなければ文句を言うんですよね(笑)」

「そういう女性は、察してくれる=愛されていると感じると思うのですが、それはパートナーではなく保護者がやること。しかも男性は察するのが苦手。うまくいきません。だから、一番は(察してほしがるのを)やめること!」

塚越さんの場合は、「ごめんね!」と前置きしたうえで、「つまらない」「興味がない」とストレートに伝え、面倒くさいコミュニケーションを避けるそうです。

恋愛で育まれる関係性も、結局は人間関係の1つ。基本的なコミュニケーションや気遣いを見直すことで、良いパートナーシップを築けるのかもしれません。

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新鮮な気持ちを取り戻したい!マンネリ解消するためのデートとは
男性が「この子と付き合いたいかどうか」を判断する女性のポイント4つ
浮気をしたカップルの末路
マイナビウーマン
7/23(火)今日のあなたの運勢は??
「これって、誘われてる...?」夜20時、男と二人きりのオフィスで何かを期待してしまった女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加