死んだはずの人間が生き返り賭けた戦いに、成家慎一郎の新作1巻

死んだはずの人間が生き返り賭けた戦いに、成家慎一郎の新作1巻

  • ナタリー
  • 更新日:2016/10/20

ウルトラジャンプ(集英社)にて連載されている、成家慎一郎の新作「ラパス・テーマパーク」1巻が、本日10月19日に刊行された。

No image

きれいな写真をもっと見る

「ラパス・テーマパーク」は不慮の事故で命を落とした青年・赤星十和が主人公。死んだはずの彼だったが、生前の記憶を具現化できるという、謎の異空間「ラパス・テーマパーク」で目を覚ます。十和は毎日決まった時間にのみ現れるキリン頭の男・ラパスを倒せば、生き返ることができると知り……。

また単行本の刊行を記念し喜久屋書店、三洋堂書店、とらのあなでは購入者に特典を配布。なお「ラパス・テーマパーク」は2カ月連続での単行本刊行を予定しており、2巻は11月18日に発売される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ガーリッシュナンバー』、12/20よりアニメイト・ゲーマーズフェアを開催
秒速で笑えるマンガ『約束のホームラン』全力偏愛ガール|佐藤ショーキ
「さよならソルシエ」の穂積、新作「僕のジョバンニ」はチェロが繋ぐ少年の物語
「レズ風俗に行きましたレポ」の永田カビ、自身との“交換日記”綴るエッセイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加