渡部暁斗が2大会連続銀メダル 複合NH

渡部暁斗が2大会連続銀メダル 複合NH

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

渡部暁斗

<ピョンチャン五輪:複合>◇14日◇個人ノーマルヒル

世界ランキング1位の渡部暁斗(29=北野建設)が、2大会連続の銀メダルを獲得した。

渡部暁斗は、前半飛躍で105・5メートルを飛んで123.7点をマークし3位につけた。トップのフランツヨゼフ・レーアル(オーストリア)と28秒差で後半距離(10キロ)に臨んだ。4キロ付近で先頭集団に追いついた渡部暁は、残り1kmで2番手に浮上。最後の急激な上り坂でフレンツェルのスパートについて行けず2位に終わった。

日本勢は渡部善斗(26=北野建設)が12位、永井秀昭(34=ダイチ)が14位、山元豪(23=岐阜日野自動車)が33位だった。

優勝はエリック・フレンツェル(29=ドイツ)が同種目2連覇を飾った。銅メダルはルーカス・クラプファー(32=オーストリア)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
安藤美姫に平昌五輪関係の仕事がなかった本当の理由
「凄いプレゼントがあるよ」と外に出たらミニカーで落胆した夫。振り向いて凍りつく
銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく...日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
「イモ女だと思って甘く見てると、痛い目に合うわよ」すっぴん女子が一瞬で美女に変身するビフォーアフター動画が大流行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加